保険を見直すタイミング

ご加入中の 生命保険における医療保険の補償、多すぎませんか?足りてますか?
 

保険会社の営業さんに言われるがまま加入した医療保険は、要らぬ保障が沢山付いている可能性があります。
 

保険屋さんから、保障内容全てを設定した状態で、「この保険がいいですよ!」とセットでおススメされませんでしたか?
 

何の疑問もなく、保険やさんに勧められるがまま、保険加入してしまった記憶はありませんか?
 

現在ご加入中の保険、適正でしょうか?
 

ご自身の加入の保険について「良く分からない」という状況でしたら、余分な保障が沢山ついていると思われます。
 

保険の加入状況は保険会社主導になって居ることが多く、家庭ごとの適正な保険になって居ないものです。
 

だって保険会社や営業担当の方は、家庭の健康状態や、経済状態や、リスクは何があるのか?など分かっていないのですから。
 

本当は、他人様に保障内容を設定してもらうというのは、考えてみれば、あり得ない話ですよね。
 

金融庁も保険会社主導の私達の保険加入の実態には、警鐘を鳴らして居ます。NHKクローズアップ現代でも特集が組まれていましたので、下記でも記事にして居ます。
関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!
 


医療保険の保障(通院費や入院日額などなど)は自分で決められる

実は マ●ドナルドで『ハンバーガーと~ポテトと~』とそれぞれ一品ずつ選べるように、保険も自分なりに金額設定、保障内容を考えて組むことが可能です。
 

例えば、入院日額の設定とは、入院の際におりる保険金ですが、5000円にするか?8000円にするか?などなど。一つ一つの保障額を、入院日額に限らず自分で決めることが出来ます。
 

よって、当然内容だけでなく、最終的な支払い保険料も希望額にする事が出来るんです。
 

でも、今ご加入中の医療保険の入院給付金日額設定などなど、保険の営業員さんが決めたものではありませんか?
 

もしそうだったら・・。
 

希望する保障設定になっていないのではないかと思います。保険を見直して、あなたの保険料の無駄を省き、必要な保障をしっかり付けましょう。
 

保険料の決め方 通院費・入院給付金日額はいくらにする?

通院費については、人それぞれの疾病に寄り金額設定は変わってくるかと思います。ご自身の過去の病歴から見る通院費用の平均、そして現在と今後の健康状態を考えて自分なりの設定します。
 

入院給付金の日額については、入院時に高額となった時、公的保険で高額療養費が出ますが、高額療養費では出ない部分の出費があります。例えば、食事代、差額ベッド代などです。
 

入院給付金日額を決めるときには、その点を考えて設定します。
 

ただ、差額ベッド代は、病院により異なります。 なので、かかりつけの病院では、いくら位の差額ベッド代がかかるのか?等を調べておくと、入院給付金日額を決める際の参考になるかもしれません。
 

その他にも、母親が入院した時には、外食代がかさむかもしれませんし、子供さんを保育施設に頼むことになれば、その費用もかかるかもしれません。
 

入院日額を決めるにあたり、ご家庭ごとに状況は異なりますので、医療費以外にどんな出費がありそうか、考えてみましょう。
 

高額に設定すれば安心、というものでもありませんので、折り合いの付けられる金額を設定しましょうね。
 

保険料の決め方 入院給付金日額設定の平均はいくら?

ご参考までに♪
 

生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」によると、「疾病入院給付金の支払われる生命保険」に加入した人の入院日額の平均は、男性で「10,900円」、女性で「9,000円」だそうです。
 

医療保険料の決め方 我が家の場合

我が家が病気になった時に、かかる可能性のある病院がいくつかあります。そこの一人部屋のベッド代が7000円でした。そこで、我が家は入院日額設定を、そのベッド代と同じ7000円にしました。
 

病院は、病院の事情で一人部屋を提示した時は、ベッド代は請求できません。
 

けれど、患者の意思で一人部屋を指定した場合には、ベッド代がかかります。(私が調べた範囲です。時代の流れや病院に寄り変わる可能性もあります。)
 

なので、万が一、一人部屋を希望することになった時の事を考えての入院日額設定にしました。
 

余談ですが、私は病院側の事情で一人部屋にされたにも拘らず、費用を請求されたことがあります。病院側が間違えたのか?それとも意図的なのか?は分かりません。
 

でも知らないという事は怖いです。。。我が家は請求されるがままに支払ってしまいました。
 

次回、同じことがあった時には、勿論、一人部屋は病院からの指示だったと話すことが出来ます。
 

ただ、現在の保険加入で入院日額設定を決めるときには、なんとなく その時のトラウマがあるので。一人部屋代を入院日額設定にしたくなります。
 

ただそれだけの理由でして日額設定の金額に、大した理由はありません。ただ、我が家にとっては、丁度良い金額になっていると思います。

 

保険の選び方・保険料の決め方 ポイント

ただし、入院日額など保険の見直しをする際には、気を付けたい点があります。
 

今現在加入中の保険会社に見直しを相談するのは、やめたほうが良いです。なぜなら保険と言うのは、色々な罠があります。
 

例えば、「保険の転換」などというのは、加入者は見直したつもりであっても、結局、保険料は安くなっておらず、内容も保険会社主導のままとなる可能性があります。
 

なので、「現在加入中の保険会社以外」で見直してみてください。
 

その理由は 当サイト内:無料保険相談窓口どこがいい?誰にする?7社体験比較 にも書いていますので、下記にも引用しますね。
 

高額な出費となって居ないか?の保険の見直しと言っても、今、加入中の保険会社の外交員さんに相談するのはお勧めできません。なぜなら「保険の下取り」「転換」というものを
勧められ、総支出は変わらず・・になってしまうからです。
 

「下取り」「転換」ってご存知でしたか?
 

今まで払い込んだ私達の大切な保険料を下取りされ、その後の保険料の支払いに使われる事です。
 

見直し後の毎月の保険料は、「安く見えるだけ」という保険のからくり。
 

実際には、今まで積み立てていた貯蓄部分が削られ、その後の契約における 掛け捨ての保障部分に使われることが多いので、
 

月額保険料が下がったように見えるだけで、実は、今までと変わらず、毎月ものすごい「高額保険料」を払い続けている
 

という怖~い状況です。

 

保険会社主導の保険加入の実態については、冒頭にも書きましたが、金融庁も警鐘を鳴らして居ます。
関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!
 

医療保険料の決め方 まとめ

医療保険料を設定する際には、「自分主導」で決める必要があります。そして保険料を見直す際には、現在の保険会社では無く、信頼できる他の専門家に相談したいところです。
 

私達の大切なお金を有効に使う為には、自分でしっかり保険を理解する必要がありますが、世の中には多種多様な保険商品があり、残念ながら私たちは、どんなに頑張っても、それらの中身を全部知ることは出来ません。
 

なので私も、最近TVCMでも良く見られる保険相談窓口を利用してきました。私も今ではブログまで書いていますが(^^;、もちろん最初は、保険の見直しって面倒で面倒で。うすうすマズイ・・と感じながらも、なかなか見直す一歩が踏み出せませんでした。
 

でもその後、保険見直しの面白さを知り、まるで趣味の様に、保険相談窓口をいくつも歩きまわりました。
 

LIFULL保険相談検索サイト なんかは使いやすいですよ。この検索サイトは、全国の相談窓口が検索出来ますので、近所の保険相談窓口がいくつも同時に検索できます。キッズスペースがあるかどうか?や他の人の口コミなども掲載されているので、どこが行き易いかな・・?と選ぶことが出来ます。
 

そしてそのままネット上から申込みできますので便利です
 

保険相談は、その時に何か決めるものではなくて「持ち帰って検討する」もの。なのでまずは話だけ聞きに行くのは、何の問題もありません。
 

また、お金の専門家と相談したい時には、経験豊富なファイナンシャルプランナーと相談できる 保険見直しラボ が良かったです。最大級の保険相談サービスなので全国の対応エリアも広く、取扱保険会社も他サービスと比べてもトップクラスです。
 

ファイナンシャルプランナーとの相談は、公的保険などの兼ね合いを考えながら相談できます。その上で、必要な保障や不要な保障を提案してもらえます。
 

私たちは国民健康保険という、とても手厚い保障を受けられる保険に、既に加入しています。なので民間保険は、漠然とした不安から加入するのではなく、国民健康保険で補えない分、自分が欲しい保障を付けていきます。その辺の見極めは、ファイナンシャルプランナーさんは得意です。
 

ただ、もちろんファイナンシャルプランナーにも色々な人が居ると思います。その点、保険見直しラボのファイナンシャルプランナーは平均勤続年数12.1年のベテラン揃いなので安心して相談できます。
 

保険の切り替えなどは、来月からすぐに変更という訳にはいかなくて、少なくとも2カ月はかかってしまいます。なので、無駄な出費がずるずると続くのを避けるためにも、思い立った時に申し込みをして、相談だけでもしておくと安心ですね。
 

その他も保険相談の本音を沢山書いていますので、ご興味あれば下記どうぞ。

関連記事:無料保険相談 選び方 7社 体験比較!人気窓口どこがいい?
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
プレゼントがもらえる保険相談窓口3つ
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくこと。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方