老後準備保険の話

老後の資金を貯めるためにも、家計費からは不必要な無駄を省きたいもの。
そこで効果的なのが保険の見直しです。
無駄な医療保険や補償に入っていませんか?

一体何の保険に、どの位入っているのか?
実際は理解していないということありませんか?

意外とありがちな無駄が、「補償の重複」。
いくつかの医療保険に加入していると、
下記の補償が重複していることがとても多いのです。

ご加入の保険を ぜひ確認してみましょう。

きっと貴方の保険料もスリムになりますよ。



保険料を下げる!特約「個人賠償責任保険」の重複

自転車で他人にケガをさせたり、買い物中に誤って商品を壊したなど、
日常生活で起こりうる偶然な事故により他人に損害を与え、
損害賠償責任を負った場合に補償される保険です。

その他にも

.飼い犬が他人を噛んでケガをさせた
・マンションの自宅の風呂場からの水漏れで、階下の部屋に損害を与えた
.ベランダの鉢植えが落下し歩行者に怪我を負わせた。など

どこの会社の保険も補償の範囲が幅広いのが特徴です。

また、契約者本人以外にも、

・本人の配偶者
・本人または配偶者の同居の親族
・本人または配偶者の別居の未婚の子

 
が対象となっていることが一般的です。

この個人賠償責任保険は、医療保険や自動車保険、火災保険など等、
様々な保険に特約でついています。

重複していると保険料が勿体ないので、
個人賠償責任保険に加入の有無、
各種保険特約の補償内容重複について、
それぞれの保険を一度確認してみましょう。
 

我が家の保障の重複 その1

我が家は自動車保険の特約で上記の個人賠償責任保険に入っています。
その後、火災保険に加入するときにも、
通常申込みなら、自動的に この特約が付いて来る所でした。
重複になりますので、賠償責任保険だけ外してもらいました。

また子供たちが別個で入っている 学生用の保険にも
気付けば賠償責任保険は付いていて、
どの保険も対象が「家族全員」となっていました。

加入している保険に自動的についているものが殆どです。

最も重複しやすい保障ですので、ぜひご確認を!
 

保険料を下げる!住宅ローン購入時の保険の重複

住宅を購入しローンを組む際には、団体生命信用保険に加入しますよね。
団体生命信用保険とは、住宅ローンを借りている人が
返済中に死亡や高度障害状態などの場合に、保険金でローン残高が相殺され
完済するしくみになっています。

追記:平成28年9月5日 読売新聞 くらしの欄にて
この団信に、がんなどを患った際にも保険金が支払われる
「疾病保障」の付いたタイプがここ数年増え、取り扱う銀行が
増えている、との記事がありました。

 

住宅ローンを購入する前には、家賃の支払いなども含め
万が一の際の保障を考えて民間の保険料を決めていた筈です。

ですが、団体生命信用保険に加入後は、
住宅費用に関する民間での補償については
本来なら、考えなくて良いんですね。

住宅購入後=団体生命信用保険に加入後には
今迄払っていた保険に重複が起こらないように保険を見直しましょう。
 

我が家の補償の重複 その2

残念ながら、これには気付かず、民間保険に加入していましたので、
当時、恐らく重複していたと思います。
現在住宅ローンは完済していますので、
知っていれば・・と後悔しています。

自分の保険だけれど、補償の重複すら分からない・・
何年か保険料を払ったり、乗換しているうちに、
今加入している内容なんて分からなくなってしまった・・
そんなお悩み、誰しもあると思うのです。

まさしく私がそれでしたし・・(^^;
重複加入を見直すと、きっとそこには「宝の山」があります。

 

保険料を下げる まとめ

私は今まで、7社ほど保険相談窓口で情報を収集しながら、
保険の重複加入を減らしてきました。

保険料を見直す時、簡単に見直せて
一番最初に確認したい所は「重複」です。
ぜひ保険相談窓口などで確認の上、
無駄な出費を減らしてみてくださいね。

ただ、色々な担当者がいて、
担当者に寄りその後の保険加入状況が変わってきてしまいます。

下記の記事にも書きましたが、金融庁も警告を出して居ますので
金融庁も警告!あなたの保険が危ない
担当者さん選びには悩む所です。

私の体験談は保険相談どこがいい?
まとめていますので宜しかったらご参考にどうぞ↓
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした!

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす!

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす!

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える!

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ