主婦年金増やす

2016年5月24日「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」の成立により、
2017年1月~「個人型確定拠出年金」を利用できる加入者の範囲が
大幅に拡大します。
今迄加入出来なかった、専業主婦や公務員・※企業年金のある会社員などにも
門戸が開かれるようですよ。

※ご加入中の企業年金制度に寄ります。

確定拠出年金は、老後資金準備に大変役に立つようです。

特に専業主婦の方にとっては、今まで年金は国民年金だけ、
若しくは社員として働いていた年数分の厚生年金が
プラスされるだけでしたので、かなり老後の年金は少ないものでした。
ここで確定拠出年金に加入すると、大きく年金を増やせます

 
これは見逃せません!
新制度に向けて、本も沢山出版されています!

 

スポンサーリンク

確定拠出年金とは?

確定拠出年金とは投資信託に似ていて、
毎月自分で決めた一定の額を積立て、運用していくタイプの年金です。
なんと!積み立てた掛け金も、その運用益も非課税になります。
 

掛け金について

掛け金の全額が所得控除されます。非課税です。

「積立額が全額控除」というのは、
ほかの金融商品には無く、圧倒的なメリット。

例えば、毎月2万円(年間24万円)確定拠出年金に
積み立てた場合、課税対象となる所得が24万円減ります。

所得330万円~695万円以下(所得税率20%)の人が
年間24万円を積み立てた場合、
24万円×20%=4万8千円の税金が優遇されるのです。

(※695万円超~900万円の人は所得税率23%)

また従来、扶養内になるようにと収入調整していた主婦等の場合でも
確定拠出年金の掛け金は、全額所得控除となる為、掛け金の額分
満額ならば276000円分の収入を増やしても税額が変わらなくなります。

(※働き方によっては、社会保険加入対象となる場合もあります。)
 

運用益について

積立金の運用益も全額が非課税です。

通常、定期預金や投資信託・株式投資などの場合には、
利益に対して20%程度の税金がかかりますが、
確定拠出年金の場合には、税金がかかりません。
 

受給について

受け取り時にかかる税金も控除の対象です。

その為、税金を安く抑えることが出来ます。

引きだす時には一時金としてか、年金として引きだすことが出来ますが、
一時金で受け取った際には、「退職所得控除」が適用され、
年金で受け取った際には、「公的年金等控除」が適用されます。
 

個人型確定拠出年金 掛け金上限は?

専業主婦の場合には、月23000円(年間276000円)を上限に
加入することが可能になります。
公務員の方の場合は 月額12000円です。
 

NISAとはどう違うの?

確定拠出年金は、積立額が全額所得控除されますが、
NISAの場合は、運用利益が非課税になるだけです。

またNISAは株式や株式投資信託といった
リスクのある商品のみしか買えませんが、
確定拠出年金は、満期時に元本と利息が確保される
安全性の高い定期預金も買えます。

確定拠出年金の方がNISAより軍配の上がるものばかりですが、
デメリットがあるとすれば、「お金の引き出し」に関してです。

無理のない金額で積み立てをし、老後に備える為の
制度ですので、確定拠出年金は60歳までは引きだせません。
(加入者の死亡や、障害を負った場合など一部の例外はあります)

その点、NISAでは引きだしに制限はありませんので、
投資をしたいけれど60歳まで引きだしできないのは困る、
と言う方はNISAが選択肢になると思います。

それ以外の方には、確定拠出年金の方が
圧倒的にメリットが大きくなります。
 

確定拠出年金まとめ

確定拠出年金にしてもNISAにしても
受け取る額は運用成績により変動しますので、
運用する商品によっては 元本割れになる可能性もあります。

とはいえ、確定拠出年金に関しては、
今迄述べてきたように、投資信託や株式などと違い、
税制が有利になるということから、従来
企業型確定拠出年金を利用している企業、
自営業者の方などでは個人型を利用している人が
増えていました。

※現在、100人以上の企業においては、4割を超える企業が
退職金などの代わりとして利用しています。

下記は厚生労働省年金局のデータより転載

確定拠出年金の施行状況

〇企業型年金の規約数等

 ・企業型年金加入者数 約5,779千人 (平成28年4月末現在速報値)
 ・実施事業主数 23,059社

○個人型年金の加入者等(平成28年4月末現在)
 ・第1号加入者 71,075名
 ・第2号加入者 190,902名

計261,977名 (資格喪失者を除く)

そこへ、ようやく加入の枠が広がり、
今まで加入出来なかった専業主婦や公務員の方など
対象者が大幅に拡大されたのです。

アメリカではこの制度が上手く行き、
経済成長を続けていますが、
貯蓄に重きを置く日本では、お金が貯蓄に回り
ここ20年、経済成長していません。

そこで国は、この政策に力を入れています。

加入者にとって税制面のメリットが大変大きい制度。
老後の資金準備として最適な確定拠出年金です。
 

楽天証券でも取り扱い開始 確定拠出年金

確定拠出年金

2017年1月。私が口座を持っている楽天証券でも
取り扱いを開始します。

楽天証券 口座開設・資料請求はこちら

電話で確認してみたのですが、

専業主婦の方や公務員の方など、
新しく加入出来る対象になったかたは、
2017年1月から加入可能なため、
現在は楽天証券HPからは申し込めないそうです。

ただ、優先予約は始まって居ます。

ログインすると左上の名前の上に
キャンペーンのタブが出てきますので、

確定拠出年金

そこから事前予約しておくと、
12月中旬から手続き書類が発送されるそうです。

ですが、事前予約しなくても1月になれば
HPから手続きの申し込みが出来ます。

1月中に書類の手続きが終われば
1月分からの加入扱いとなり、
1月分を2月引き落としで積立できるそうです。

ただ、順番に手続きされるので、
遅くなる場合には3月~になるようです。

3月の場合は1月2月の2か月分が一度に引き落とされますので、
金額的に負担が大きくなるかもしれません。
そういう事も含めると、事前予約しておいて、
2月から引き落とされるようにしておいた方が
良いということもあるかもしれませんね。
 

掛け金が足りなかったら・・?

確定拠出年金に加入したとして、
もしも月の掛け金の支払いが厳しくなったら・・

そんな心配が私にはありました。

でも確定拠出年金を始めようと思った理由はこれです↓

掛け金の口座振替が出来なかった場合は、
その月の掛け金はなかったものとして扱われます。
掛け金の追納はできません。

 

掛け金の追納が出来ないというのはデメリットの様でありながら、
いざお金が足りない時にはメリットでもありますよね。

確定拠出年金は継続することが目的ですので、
掛け金の支払いで自分の首を絞める訳には行きません。
口座にお金があれば引き落としてくれて、
無ければそのままスルーしてくれるなら
かえって有難いシステムだと思います。
 

運営管理手数料について

個人型確定拠出年金では口座管理手数料
(運営管理手数料)がかかるものです。

ところがこの金額は、金融機関に寄って異なります。

ずっとかかる費用の為、楽天でいいのか?
他の所で解説した方がいいのか?
調べていたら、一覧にしてくれているサイトを見つけました。

ありがたいです。
手数料を調べる 個人型 確定拠出年金ナビ

楽天証券の残高10万円以上は、破格の安さと分かりました!

 

まとめ

国の年金だけで老後が安泰だったのは、
今のご高齢の方の世代です。

国の年金制度も崩壊してしまって居る時代。

今のご高齢の方と私達現役世代とでは
全く違う時代になる訳で、
「なんとかなるわよ」というご高齢の方がたの言葉を
鵜呑みには出来ません。

現役世代の私たちの老後は、年金だけではきっと生活出来ない。。
なんて時代に生まれてしまったんだ・・とも思いますが仕方ない。

今、老後の為に投資をしておかないと、
老後、国の年金だけでは足りなくなるのは目に見えている。
とはいえ、普通のリスクある投資は、とても怖い。
特に、定年間近になればなるほど、危ない事は出来ない。。

だからこその、確定拠出年金です。

積立は60歳までしか出来ないので、
一カ月でも多く積み立てたいですね。

主婦や公務員などにも開かれ 加入対象者枠が大きく広がった
確定拠出年金への道。

大丈夫! 私たちには、まだまだ
可能性が残されています!

私も確定拠出年金の申込書の請求をしました!

専業主婦の確定拠出年金

 
50近い私の場合、今の年齢から60歳まで利率5%でかけると
総額400万円を超えるようです。

書類請求画面では、それぞれの方に合わせた予想額が、
表示されます。

楽天口座開設は無料なので、まずは口座開設だけすると
確定拠出年金を今からかけた場合、一体いくら位になるのか?
それが分かるので試してみてくださいね。

楽天証券 口座開設・資料請求はこちら

 

関連記事:石橋を叩いて亘るタイプの私は、最終的は申込書送付前に再度検討。
それもまとめました。
個人型確定拠出年金のデメリットを再度検討し回避法をまとめました

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 匿名で見積りできるのは良いですよね~♪
 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


スポンサーリンク