老後資金が足りない!50代が準備する平均額と年金を増やす方法

老後資金の平均は?
 

子供たちの教育費などにお金がかかり必死に日々を過ごしているうちに50代。気付けば老後資金の用意が足りていない。ふと不安がよぎる。そんな方が多いと思います。さて、世間の50代は どの位の資産を持っているのでしょうか?
 



老後資金 いくら持ってる?

金融広報中央委員会の平成27年の調査では
 

50代の金融資産平均額は1941万円。中央値は1100万円
 

勿論平均額ですので、もの凄く沢山貯めている人もいれば、少ない人もいると思います。勤労者3万人を対象にした フィデリティ退職・投資教育研究所の調査によれば、老後の生活準備が額が0円という人も
 

50代 男性で32.1% 
50代 女性で28.6% 
 
 

となっています。約3割の方がたが、老後資金の用意が全く出来ていない、ということになります。
 

年金を多く貰う方法

年金で生活が補えるかというと、経済評論家の荻原博子さんも、少なくとも老後資金1500万円は必要と言っています。
 

関連記事 40代 50代からの老後資金準備!いくらあれば安心?&貯める方法
 

ただ、反対に5000万円あっても足りないという専門家もいます。豊かな老後を送るためには、夫婦二人の年金平均額20万円に15万円を足した35万円といわれています。
 

関連記事 夫婦の老後資金 必要額の目安はいくら?年金暮らし 生活費の平均と現実。余裕ある老後と普通の老後
 

なので、例えば、老後資金5000万円を、毎月15万円ずつ預貯金から引きだした場合、年間180万円の引き出しとなり、5000万円をもっていたとしても27年で赤字になってしまいます。60歳から引きおろしを始めたとして、87歳です。
 

これからの時代 厚生労働省の資料 でも、女性は16人に1人が100歳まで生きる時代になると言われていますので、確かにお金は足りなくなってくるのかもしれません。ただ65歳まで働いて、それから年金を貰えば92歳まで毎月15万円引きだせます。
 

また、70歳から年金を貰い始めれば、 貰える年金額が42%も増えて、毎月28万円程度になりますし、すると毎月15万円ずつ引きだしたとしても、5000万円あれば97歳まで預貯金が残ります。
 

それだけあれば、インフレも怖く無いかもしれません。
 

老後資金が足りない!50代から老後資金を増やすには?

退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人  
 

上記、セゾン投信株式会社の中野晴啓さんが書いた本が人気です。私が、国が勧める自助努力型の年金制度「確定拠出年金」の楽天証券セミナーに参加した際、投資の講義をして下さったのも中野さんでした。この本には、老後資金の捻出の仕方だけでなく、資産運用法等が書かれています。
 

巷の投資の本は年代を問わないものが多いですが、これは50歳からに特化した老後資金のお話なのでおすすめです。