保険を見直すタイミング

ご加入中の 医療保険の補償、多すぎませんか?足りてますか?

保険会社の営業さんに言われるがまま加入した医療保険は、
要らぬ保障が沢山付いている可能性があります。

保険屋さんから、保障内容全てを設定した状態で、
「この保険がいいですよ!」とセットでおススメされませんでしたか?

何の疑問もなく、保険やさんに勧められるがまま、
保険加入してしまった記憶はありませんか?

現在ご加入中の保険、適正でしょうか?

ご自身の加入の保険について「良く分からない」
という状況でしたら、余分な保障が沢山ついていると思われます。

保険の加入状況は保険会社主導になって居ることが多く
家庭ごとの適正な保険になって居ないものです。

だって保険会社や営業担当の方は、
家庭の健康状態や、経済状態や、リスクは何があるのか?など
分かっていないのですから。

本当は、他人様に保障内容を設定してもらうというのは
考えてみれば、あり得ない話ですよね。

金融庁も保険会社主導の私達の保険加入の実態には、
警鐘を鳴らして居ます。

NHKクローズアップ現代でも特集が組まれていましたので、
下記でも記事にして居ます。
関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!

スポンサーリンク

医療保険の保障は自分で決められる

実は マ●ドナルドで 
『ハンバーガーと~ポテトと~』と
それぞれ一品ずつ選べるように、

保険も自分なりに金額設定、保障内容を考えて
組むことが可能です。

例えば、入院日額の設定とは、入院の際におりる保険金ですが、
5000円にするか?8000円にするか?などなど。

一つ一つの保障額を、入院日額に限らず
自分で決めることが出来ます。

よって、当然内容だけでなく、最終的な支払い保険料も
希望額にする事が出来るんです。

でも、今ご加入中の医療保険の入院給付金日額設定などなど、
保険の営業員さんが決めたものではありませんか?

もしそうだったら・・。

希望する保障設定になっていないのではないかと思います。
保険を見直して、あなたの保険料の無駄を省き、
必要な保障をしっかり付けましょう。
 

保険料の決め方 入院給付金日額はいくらにする?

入院時に高額となった時、公的保険で高額療養費が出ますが、
高額療養費では出ない部分の出費があります。
例えば、食事代、差額ベッド代などです。

入院給付金日額を決めるときには、その点を考えて設定します。

ただ、差額ベッド代は、病院により異なります。
なので、かかりつけの病院では、
いくら位の差額ベッド代がかかるのか?等
調べておくと、入院給付金日額を決める際の
参考になるかもしれません。

その他にも、母親が入院した時には、
外食代がかさむかもしれませんし、
子供さんを保育施設に頼むことになれば、
その費用もかかるかもしれません。

入院日額を決めるにあたり、
ご家庭ごとに状況は異なりますので、
医療費以外にどんな出費がありそうか、
考えてみましょう。

高額に設定すれば安心、というものでもありませんので、
折り合いの付けられる金額を設定しましょうね。
 

保険料の決め方 入院給付金日額設定の平均はいくら?

ご参考までに♪

生命保険文化センター
「平成25年度 生活保障に関する調査」によると
「疾病入院給付金の支払われる生命保険」
に加入した人の入院日額の平均は、
男性で「10,900円」、女性で「9,000円」だそうです。
 

医療保険料の決め方 我が家の場合

我が家が病気になった時に、
かかる可能性のある病院がいくつかあります。
そこの一人部屋のベッド代が7000円でした。
そこで、我が家は入院日額設定を
そのベッド代と同じ7000円にしました。

病院は、病院の事情で一人部屋を提示した時は、
ベッド代は請求できません。

けれど、患者の意思で一人部屋を指定した場合には、
ベッド代がかかります。
(↑私が調べた範囲です。時代の流れや病院に寄り変わる可能性もあります。)

なので、万が一、
一人部屋を希望することになった時の事を考えての
入院日額設定にしました。
 

余談ですが、

私の経験上、病院側の事情で一人部屋にされたにも拘らず、
費用を請求されたことがあります。
病院側が間違えたのか?
それとも意図的なのか?は分かりません。
でも知らないという事は怖いです。。。
我が家は請求されるがままに支払ってしまいました。

次回、同じことがあった時には、勿論
一人部屋は病院からの指示だったと話すことが出来ます。

ただ、現在の保険加入で入院日額設定を決めるときには、
なんとなく その時のトラウマがあるので(笑) 
一人部屋代を入院日額設定にしたくなるんですね。

ただそれだけの理由でして日額設定の金額に
大した理由はありません。ただ、我が家にとっては、
丁度良い金額になっていると思います。

 

保険の選び方・保険料の決め方 ポイント

ただし、入院日額など保険の見直しをする際には、
気を付けたい点があります。

今現在加入中の保険会社に見直しを相談するのは
やめたほうが良さそうだということです。

と言うのも、保険と言うのは、色々な手法があります。

例えば、「保険の転換」などというのは、
加入者は見直したつもりであっても、
結局、保険料は安くなっておらず、
内容も保険会社主導のままとなる可能性があります。

なので、現在加入中の保険会社以外の所で
見直してみてください。

その理由は 当サイト内 
関連記事無料保険相談窓口どこがいい?誰にする?7社体験比較 
にも書いていますので、下記にも引用しますね。

高額な出費となって居ないか?の保険の見直しと言っても、
今、加入中の保険会社の外交員さんに相談するのはお勧めできません。
なぜなら「保険の下取り」「転換」というものを
勧められ、総支出は変わらず・・になってしまうからです。

「下取り」「転換」ってご存知でしたか?

今まで払い込んだ私達の大切な保険料を下取りされ、
その後の保険料の支払いに使われる事です。

見直し後の毎月の保険料は、「安く見えるだけ」という保険のからくり。

実際には、今まで積み立てていた貯蓄部分が削られ、
その後の契約における 掛け捨ての保障部分に使われることが多いので、

月額保険料が下がったように見えるだけで、
実は、今までと変わらず、毎月ものすごい「高額保険料」を
払い続けている

という怖~い状況です。

保険会社主導の保険加入の実態については、
冒頭にも書きましたが、金融庁も警鐘を鳴らして居ます。
関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!

 
ご加入中の保険、ご家庭にあった保険ですか?
 

見直しの際には、現在の保険会社では無く、
信頼できる他の専門家に相談してください。
そしてできるだけ沢山の情報の中から
保険を選び、保険料を決めてみてください。

私も複数のファイナンシャルプランナー等の専門家に
相談しながら検討し、加入してきました。

保険会社や保険勧誘員さんの罠に嵌ら無い為に!

保険見直し相談はどういう所で受けたら良いか?
という体験談の本音も下記記事にしていますので
宜しかったらご参考にどうぞ!

関連記事:無料保険相談 選び方 7社 体験比較!人気窓口どこがいい?

私達の未来とお金を自らで守りましょう!
 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク