子供の結婚資金 結婚式費用 親の援助・負担

我が家の娘も20歳を過ぎ、お年頃になりました。
 

晩婚化の時代ですので、まだ結婚はしそうもないのですが、親として結婚費用の援助はいくら位するものなのか・・?
 

少し不安でしたので調べてみました。
 

コツコツと貯めていく老後資金が、子供の結婚費用で、泡となって消えないように、世間の皆さまの一般的な金額はと言うと・・
 

結婚費用を親が出す割合・援助なしの割合

親ごころゼクシィ によると、2016年のゼクシィ結婚トレンド調査において
 

親・親族からの結婚資金援助があったのは76.5%

援助なしは23.5%。
 

約8割のご家庭が子供の結婚費用の援助をしている ようです。
 

ただ、2009年の同じ調査においては、結婚資金援助があったのは78.1%でしたので、割合としては2ポイント弱 下がっています。
 

不景気の為か、時代が変わってきているのか分かりませんが、援助する親が少し減っているのは事実の様ですね。
 

結婚費用の援助額

同じ調査における援助額については
 
 
2016年:親・親族からの援助総額は、全国平均189.4万円
2009年:197.5万円
 

となっています。
 

やはり援助額も減っているようです。
 

地域的には東海地方は220万円を超えていましたので(2009年)金額は地域差が大きいかもしれません。
 

ただ、全国一般的に考えた場合には、盛大な披露宴よりも、会費制のパーティや地味婚の流行していることも、援助額の低下の原因かもしれませんね。
 

尚、金額は総額になりますので、両家の合計援助額になります。
 

自分のお子さんへの援助はその半額になりますので、 だいたい100万円程度の援助をするご家庭が多い という事です。
 

それが子供さんの人数分、子供さんが二人いたなら 200万程度となります。
 

ただ、3割弱の親御さんは子供の結婚費用の負担をして居ません。親からは一切の援助を受けていないというカップルも多いのです。
 

とはいえ、相手の親御さんが援助をするのに自分の家は援助をしない・・という訳にも行かないので、子供の結婚においては、思惑通りにはいかないかもしれません。
 

でもですね。
 

子供を育て上げるまでに、既にかなりのお金がかかっています。子ども達が結婚するころには、自分たちの老後も考えないといけません。
 

孫が生まれれば、またそれはそれでお金がかかるもの。
 

老後の為の貯蓄と子供にかける費用とは、人生においてずっと綱引き状態になるのかもしれません。
 

必ずしも無理をして結婚費用を援助してあげる必要もなく、できる範囲で無理なく援助してあげたいものです。
 

親が結婚費用を捻出するためにしたいこと

我が家も、少しでも結婚費用を捻出するために、できる限りの固定費の節約はしています。
 

一番大きかったのは「子供が成長してから必要なくなった 死亡保障」などを始めとする「保険の見直し」でした。
 

一家の大黒柱に何かがあった際、家族を守るための死亡保障は、子供の成長とともに少しずつ「補償額を減らす、もしくは、補償が不要となる部分」です。
 

ここに目を付けました。
 

不意の事態に備えた高額な補償をなくしていく代わりに、私たち親は、これからは自分の医療保障が必要になります。
 

ただ今は、医療保障は格安な保険がたくさん出てきています。なので、保険を見直すことにより、要らぬ補償を削り、必要な保障を付けながら、月額の保険料をぐんと抑えることができる。
 

私たち親にとっても、子供の結婚費用などを貯めるためにも、双方に必要であり、お得なのが「保険の見直し」でした。
 

保険料が下がれば、子供の結婚費用の捻出のほか、孫ができたらお小遣いをあげたり、家族でちょっと美味しいものを食べに行ったり・・。色々使えます。
 

育児で頑張ってきた私たちだって、少しゆとりをもって、大切で楽しいものにお金を使いたい。そのための保険の見直しです。
 

我が家は、以前は保険に弱かったですし、見直しの罠にもはまって、散々な思いをしました。そのことで、要らぬ保険料を払い続け、だいぶお金も損してしまいました。
 

今は、そんな無駄な保険料の支払いを無くした私が、保険料を節約した体験談も、下記でまとめています。結婚費用の捻出など、お金を少しでも貯めたい時に、合わせてお読みいただければと・・宜しかったら下記どうぞ。
 

関連記事 保険見直しどこがいい【保険相談おすすめランキング】大失敗の口コミも 窓口評判