時間の切り売りで稼ぐ

内閣府HP 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向 によると

60歳以上の高齢者の暮らしに関して

「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」と
「家計にゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」

と感じている人の割合は全体で71.0%に上るそうです。

年齢階級別にみると「80歳以上」は80.0%と
高い割合となっているとのこと。

考えられるのは、

1.年齢が上がるほど、自分の幸せを感じることが
 出来るようになるという センテナリアン(百歳長寿)
 の話にあるように、「幸せの感じ方」によるものかもしれません。

2.お年寄りはお金を持っている現代社会だからこその
 結果かもしれません。

3.年金がある程度支給される現代の話かもしれません。

いずれにしても、私達世代が年金を貰うようになる頃、
この「家計にゆとりがある」と感じている70%に入れるか?
は分からないのが苦しい所。

現に残り30%のご高齢の方がたは、
くらしにゆとりがあると感じていは居ない訳ですから。

「特に家計が苦しく非常に心配である」において
60歳以上の6.6%います。

高齢者の世帯人員一人当たりの総所得

データによると、高齢者世帯、人員一人当たりの年間所得
は全世帯平均と大きな差はないそうです。

高齢者世帯の平均年間所得は300.5万円。
全世帯平均 528.9万円の半分強。

世帯人員一人当たりにすると、高齢者世帯の場合には、
平均世帯人員が少ないことにより192.8万円になり、
全世帯平均 205.3万円 との間に
大きな差はみられないとなっています。

けれど、お子さんが居たり、そのお子さんの数が多かったり、
世帯人員としては働ける人ばかりではないのですし、
一人にかかる費用は、それも様々ですし。

平均というのも、どう信じて捉えて良いかとも思いますが。
 

収入における公的年金などの割合

公的的年金・恩給を受給している高齢者世帯において
収入の何%が年金で生活しているのかと言うと、

100%が年金の世帯が 56.7%
100~80%の世帯が 11.4%
80~60%の世帯が 12%となっていて、

約7割の世帯が収入の80%以上を年金に頼っています。
 

年金以外の収入口は?

高齢者世帯(65歳以上)の年金以外の収入としては、
総所得平均300万の内分けとして

・ 稼働所得 55.0万円 (18.3%)
・ 公的年金・恩給 203.3万円 (67.6%)
・ 財産所得 22.9万円 (7.6%)
・ 年金以外の社会保障給付金 3.4万円 (1.1%)
・ 仕送り・その他の所得 16.0万円

65歳以上で年間55万円の稼働収入を得ている
というのが平均となると、
毎月4.5万円の収入を世帯で得ているんですね。

夫婦二人でしたら、一人2万2500円ですので、
さほど難しくないような気もしながらも、

65歳以上で、そしてこれから高齢者が増えていく時代の中で、
そして私達がいつまで健康でいられるかを考えた時、
それが簡単な事なのかどうか、分かりません。

それに年平均300万円の収入の内分けには
財産所得・年金以外の社会保障給付金・仕送りがあります。
それらが一切なかったとすると、
平均収入を得る為に必要な65歳以上の稼働所得は、

プラス年に 42.3万円必要となり、
月あたり+3.5万円の稼働所得が欲しい所です。

となると、

先の夫婦二人の稼働所得4.5万円+3.5万円=8万円となり。

二人で一月8万円の稼働所得、
一人あたり4万円の稼働所得があれば、
高齢者世帯における年間平均収入300万円と同等になります。

でも、財産所得や仕送り・その他所得などがない高齢者の場合、
65歳以上になってから一人4万円、二人で8万円稼ぐなんて
現実的ではない気がします。
 

年金で足りる?まとめ

データを見ると、なんとなく年金だけでも足りるような、
そして平均所得があれば生活出来るような気がしてしまいますが、

その平均所得を得る為にも、やはりある程度、
年を取ってから何かしらの収入源を持っている事が
必要な気がします。

稼働所得だけに頼ろうとしても
死ぬまで働き続けることはできませんし。

東京オリンピック終了後には
不動産は一気に値下がりを始め、高齢化社会に寄り空き家が増え
不動産所有の意味は無くなると言われています。

不動産などに手を出すのも危ない時代ですし、
とにかく貯蓄を考えて、
不要な支出を押さえていきたいものですね。
 

年金を増やす対策

私は老後年金を増やす自助努力として
2017年から確定拠出年金も始めています。

毎月23000円ずつ、ぽちぽち積み立て
2018年1月に7か月経ちましたが、
何と利回り20%を超えています。

確定拠出年金 資産推移

黒い線が積み立てた金額までの線。そこから飛び出た棒グラフが
利益となっている分です。

確定拠出年金

口座を開設して、確定拠出年金に加入して良かったので、
これからも60歳までコツコツ積み立てるつもりです。

私の加入している 楽天証券 は、口座開設は無料ですし、
口座開設するだけで、確定拠出年金に申し込まなくても、
今からかけた場合の将来の年金がいくら位になるのか?
それも分かりますよ。

また、2017年から加入できる人が増えたりと
制度が変わっていますので
下記の解説本等も発売されています。

老後不安を解消!! 確定拠出年金(DC)をはじめよう 2017制度改正 完全対応版 (日経ホームマガジン)

月23000円まで拠出できます。
1年で276000円 拠出できますし
所得控除もあるので、お得にお金が増やせます。

 
関連記事これ始めましたか?!個人型確定拠出年金加入枠広がる!
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あり。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢


1.老後準備や資金 検討 

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.退職前の準備

年金額が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項です。

定年退職前の準備。必ずやっておくこと


必要な保険も見直す必要があります。

老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険商品の選び方



3.働き方を考える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!