50歳から65歳までに老後資金を作る「1000万~2000万」お金を貯める対策法

50歳から老後資金を作る

年金だけでは足りそうにない私たちの老後生活費。
 

老後資金必要額 1500万円として、少し多めに考えて+500万円 の合計2000万円があれば・・と考えた時。50歳から65歳の年金開始までに老後資金として2000万円を0円から貯める事が出来るでしょうか?
 

15年間で 意地でも貯める方法とは? 専門家の意見をまとめています。
 

関連記事 夫婦のゆとりある老後資金 必要額の目安はいくら?
 



50歳から65歳で老後資金を作る

50歳~65歳で老後資金を2000万作るには、毎月いくら貯金すれば良いでしょうか? 50才を過ぎると、子供の教育費が減少や、母親が働きに出たりすることで、貯蓄に回せるお金が捻出しやすくなる頃です。
 

そこで マイナス金利の今、毎月10万円ずつ積み立てたとすると、50歳から65歳までの15年間だと1800万円貯まります。すると、とりあえず、最低目標資金の1500万円は超えますね。
 

そこで 退職金バカ 50歳から資産を殖やす人、沈む人  の著者、セゾン投信社長 中野晴啓さんは著書の中で、年平均3%で運用しようと言っています。
 

年平均3%ならば、毎月10万円の積立×15年間で2275万円が貯まります。
 

老後の投資の仕方

ただ、投資は本来、何十年もの時間をかけて運用していくもの。なので、中野晴啓さんは、50歳からの資産形成を始める方には「65歳をゴールに決めるのではなく、自分の生涯を通じて運用を継続すること」を勧めています。
 

ゴールを90歳としたら50歳からの運用でも、40年あるからです。
 

フィデリティ退職・投資教育研究所 でも65歳までは資産を引きださず、65歳からは「使いながら運用すること」を、老後資金を貯める解決策として挙げています。
 



株式運用実績はどのくらい?

では過去13年間の運用実績はどうかというと・・。
 

国内株式 3.8%
不動産投資信託 11.6%
先進国株式 7.5%
新興国株式 14%
海外REIT 13.6%
 

と年平均リターンはプラスだそう。
 

今後、貰える年金は夫婦二人で年金は20万円程度となり、手取りの年金収入はこの16年間で年間32万円も減っています。加えて、今後もマクロ成長スライドにより実質的な年金の価値は目減りしていきますし、年金200万円台では、65歳から天寿を全うするまで暮らすのはかなり厳しそうです。
 

それを考えると・・。年平均リターンがプラスであるならば、ぜひとも投資したいと思いはします。ただ、私のような素人が投資に手を出して、失敗してしまったら元も子もありません。初心者の私には投資が必要だと分かってはいても不安もあります。
 

老後の為の投資にお勧め 始めやすい確定拠出年金

ですが、始めやすい投資として、個人型確定拠出年金が個人向けに登場しています。国が勧める自助努力型の年金制度で、2017年1月から加入者枠も広がり、主婦なども対象となりました。口座開設されましたでしょうか?
 

そして実は 2022年4月からは更に加入枠が広がります。加入も最大で69歳まで。運用も75歳まで出来るようになります。資産を増やす可能性が大きくなりました。詳しくは下記の制度改正のページへどうぞ。
 

2022年4月【確定拠出年金の制度改正2つ】対応して老後資金を殖やす方法


 

私は楽天証券で口座開設をしましたが、もしも引き落とし口座にお金が入って居なかったら、その月は引き落とされず、翌月まとめて引き落とされることはないこと。なので、お金が無い時には、無理に支払う必要もありません。無理なく投資していける。そこが安心できるポイントでした。
 

60歳まで引き落とせない貯蓄となる確定拠出年金で、毎月、月の引き落としにひぃひぃ~言いながら生活する訳にはいきません。自由度が高い積立制度が一番です。
 

楽天証券のサポートセンターを利用すれば、質問はいつでも電話で出来ます。なので心配なく始められました。初めての投資にも、確定拠出年金は良さそうです。
 



確定拠出年金 口座管理手数料は無料

尚、通常 金融機関の手数料は400円~500円ほどしますが、楽天証券 は2017年5月18日から、口座管理手数料は無料になっています。
 

iDeCo運営管理手数料改定!条件なしで誰でも0円に!より
 

毎月の維持コストがかからないのは、長い目で見る投資においては、とっても有利な事と思います。お得を積み重ねて、いざ65歳までに2000万円貯めましょう。
 

楽天証券は、口座開設は無料ですし、口座開設するだけで、確定拠出年金に申し込まなくても、今からかけた場合の将来の年金がいくら位になるのか?それも分かりますよ。
 

楽天証券 口座開設はこちら