老後準備 40代 50代

昭和40年以来 3年に1回の割合で行っている「生命保険に関する全国実態調査」によると、保険の加入率は、前回24年の90.5%から89.2%へと下がっています。
 

加入件数も24年の4.1件から3.8件へ。
 

保険の見直しがCMで叫ばれるようになりましたし、不要な保険に加入している事が多々ある事に消費者が気付き始めたのだと思います。
 



月々の保険 平均支払い額は減少の一途

先日は、金融庁も保険の加入状況に関して不要な保険、消費者に即した保険に加入していない実態に対し警鐘を鳴らして居ると、NHKクローズアップ現代で放送されました。

金融庁も警告!あなたの保険が危ない!
 

また、年間払込保険料は24年の41.6万円から38.5万円へ。普通死亡保険金額も2763万円から2423万円へ。
 

払込保険料も希望の保険金額も、この3年間に下がって居ます。
 

月々の保険の支払い額 平均は?

前回の調査よりも支払い保険料の平均が下がったとはいえ、月々32000円ほどの支払い額で、先のデータにある、年間払込保険料38.5万円です。
 

その保険料で毎年保険に加入していたら支払い額は、10年間で385万円。20年間で770万円となっていきます。
 

ビックリするくらい高額ですよね。それだけのお金があったら、充分老後の資金になるのに。と思うのは私だけではない筈です。
 

そしてそんなに保険料を払ってきたのに、恐らく、その保険から保険金が下りる機会は、今までもあまり無かったのではないでしょうか
 

生命保険加入の目的は?

先の「生命保険に関する全国実態調査」によると。
 

Q:生命保険の加入目的は?

1.医療費・入院費のため58.5%
2.万一のときの家族の生活保障のため53.1%
 

Q:保険商品の情報収集は誰から?

生命保険会社の営業職員からは、24年の52.7% → 27年は48.9%と減少。反対に、2位の保険代理店からは、24年10.4% → 27年は12.9%へと上昇しています。
 

保険会社の担当さんより保険代理店で契約するように、時代は変わってきているようです。
 

Q:保険は誰から加入した?

1.生命保険会社の営業職員 24年の68.2% → 59.4% (減少)
2.保険代理店の窓口や営業職員 24年の6.9% → 27年13.7% (上昇)
 

Q:保険加入の意向について

1.病気やケガの治療・入院への備え 50.9%
2・万一の場合の保障 48.4%
 

Q:保険加入の意向のない理由

1.経済的余裕がない 51.3 %
2. 生命保険にはもう十分加入している 22.8%
 

調査結果を見て分かること

日本人は、保障の手厚い国民健康保険に、すでに加入していますし、民間の生命保険にはもう十分加入している。そんな意見も聞かれる時代になりました。
 

けれどきっとまだこの事にお気付きで無い人も沢山いて、かなりの保険料を支払い続けている人が居ることと思います。
 

総合して結果を見ると、昔は「保険やさん」から保険を購入するのが常でしたが、現代社会では、自ら足を運んで保険を購入するような「代理店」での加入が増えている事が浮き彫りになった、そんな調査結果でもあると思います。
 

経済的な生活不安を解消する 世帯の生活保障希望額は

・世帯主に万一のことがあった時の家族の必要生活資金 総額 5,653万円

・世帯主が入院した時の必要資金 月額 25.5万円 

・世帯主または配偶者が要介護状態となった時の必要資金 総額 3,308万円

・世帯主が就労不能となった時に必要な生活資金 月額 28.6万円
 

必要生活資金に関しては、年齢や家族構成にも依ると思うので、何が平均額になるかは難しい所かと思いますが、下記、老後に関する調査もありました。
 

公的年金以外の夫婦の老後の必要生活資金
(月額、60〜64 歳) 20.1万円 
(月額、65歳以上) 16.0万円 
 

公的年金以外に65歳以上では、16万円位を希望する人が多いようです。
 

となると、先の記事の 老後資金が用意できない?50代が準備している平均額 に書いたように5000万円の準備をしておかないとなりません。
 

現実はシビアですね。
 

保険加入に関しては金融庁も警鐘を鳴らし、先日はNHKクローズアップ現代でも特集が組まれていました。
 

関連記事金融庁も警告!貴方の保険が危ない!
 

保険の見直しについて

私たちは自分の保険について、ときどき見直して、無駄な保険の支払いを止めていく必要があると思います。
 

ただ、いざ保険の見直しをと思っても、なかなか面倒だと感じるときには、LIFULL保険ショップ検索サイトに「おまかせ予約」 なんていうサービスもあります。相談希望エリアと相談希望日時、相談内容を入れるだけで、希望に合った保険相談窓口の予約ができます。
 

また、現在の保険の加入状況を見てもらって、希望があれば見直しの提案ももらえる 保険見直し本舗 は、提携している保険会社の数が、業界でも群を抜いて多い45社(2018年3月現在)ですので、より幅広い保険商品の中から、現状に合った保険商品を紹介してもらえます。
 

保険見直し本舗は、来店も訪問サービスもありますし、初めての保険相談でも何かと選択肢が広いので、相談しやすいです。
 

私の保険見直し窓口での相談実体験と裏事情なども下記にて本音でまとめています。宜しかったらどうぞ。
 

無料保険相談窓口 どこがいい?誰に?おすすめ窓口7社体験比較
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくことをまとめてます。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方


確定拠出年金を考えたい

お悩み解決
公的年金の不安から、個人型確定拠出年金の加入者は2018年8月には100万人を突破する見込みである事が、2018年8月に報道されました。私も加入しているので、複数の記事を書いています。
確定拠出年金カテゴリー


老後移住したい 移住先の国内・海外・リゾート地 記事3選

老後の住まい 介護リフォーム

お悩み解決
老後の移住情報あつめましたよ。国内移住の成功と失敗や、一番人気のマレーシア移住の実態。年金で暮らせるのか?そして軽井沢、安曇野、ハウステンボスなどリゾート移住のお話です。
人気の老後移住先!住みやすいのは?
人気のマレーシア 海外老後移住の現実
定年後、リゾート地に移住したい