老後のゆとり老後資金 必要額
 

老後資金・生活資金は3000万必要と言われています。年金制度崩壊と言われる現代、実際の老後の年金暮らしに、漠然とした不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。
 

生活費は足りるのか?どの位 貯める事が必要なのか?
年金はどの位貰えるのだろう?
 

まずは不安を解消するべく、豊かな老後のため、ゆとりある夫婦の老後資金必要額を計算してみました。

老後の年金生活 月々生活費 必要額の実態は?

平成25年の「金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査2013」では「二人以上世帯・主に家計を支えている人が60 歳未満の家庭」の生活費、毎月最低額は、26万円 となっています。
 

ただ、インフレ目標が現在2%と言われているので、例えば、今が25万円と計算したとしても30年後には45万円 かかってしまいます。
 

それと同時に、年金も上昇していけばいいのですが、2004年、導入された「マクロ経済スライド」は、物価の上昇率に対して0.9%差し引いた分しか上がらない。となると仮に、物価が2%ずつ上昇したとしても、年金はそ0.9%差し引いた1.1%しか上がりません。
 

その辺は、上乗せして考えなければなりませんが、まずは老後に貰える年金などを差し引き、年金で足りない老後資金としての「貯蓄必要額」を計算してみます。
 

老齢基礎年金と老齢厚生年金は いくら?

公的年金は、旦那様が会社員だった場合、ともに夫婦で受給して平均20万円程度と言われています。
 

※この記事一番下に 日本年金機構からの引用 を載せています。
 

また、個人個人の実際の年金額は、毎年誕生日に贈られてくる「ねんきん定期便」に、これまでの加入実績に応じた年金額が表示されています。それを基に計算する事が出来ます。
 

老後生活費の必要額の目安は?

すると先の夫婦二人の標準(必要)生活費の最低額である、「毎月の生活費25万」から「マイナス公的年金20万」で「毎月の不足分は 5万円」になります。
 

平均寿命が男性80歳 女性86歳の時代ですので、仕事を辞めた65歳から20年間と計算すると、
 

5万円×12か月×20年間で1200万円
 

これが年金では補えない分=老後資金として蓄える必要のある額となります。
 

ただ物価の上昇と同じだけ 年金は上昇していきませんし、人生何が起こるか分かりません。
 

例えば、毎月5万円でなく7万円が不足するという計算をすると、約1700万円が不足するということになり、毎月2万円の差が20年間では500万の差を生みます。
 

なので、ざっくり2000万位用意すれば、ギリギリ生活できるレベル と言われています。
 

金融広報中央委員会「家計の金融資産に関する世論調査2013」でも、年金支給時までに準備しておきたい金額は、2,066万円となっています。
 

豊かな ゆとりある老後資金の必要額は?

今度は、ゆとりある老後生活を送る為に必要な老後資金・貯蓄額を計算してみます。
 

趣味などを楽しみながらお金にゆとりのある老後を送る為には、先ほどの 月額25万円より少し多い35万円と言われています。
 

年金が20万円ですから月額足りないのは15万円。
 

それに12か月をかけ 20年掛けると、ゆとりのある老後を送るためには、合計3600万円 が必要となります。
 

ゆとりある夫婦の老後資金 必要額まとめ

巷では 老後は夫婦で3000万円程度必要と言われていますが、老後の必要額は、それまでの個々の生活レベルにも左右されますし、これは人によって本当にまちまち。
 

用意しなければならない額も、今現在の貯蓄額や退職金などにより、全く異なってきます。
 

また住居に関しての考えも、大きく異なります。
 

持ち家一戸建ての人は住居が壊れれば、リフォーム費用がかかります。持ち家マンションの人は管理費もありますし、大規模修繕や建て替えで費用徴収される可能性もあります。賃貸の人は、毎月インフレに応じた家賃の値上がりが予想されます。
 

それもまた大きな出費ですので、老後の生活資金に必要な額として計算に入れておく必要もあると思います。
 

また、病気になる可能性もありますし、年金が満額貰えない場合もあるでしょう。予想以上に長生きする可能性だってあります。
 

なので、老後資金としてギリギリラインでいる訳にはいきませんよね。
 

また、子供が孫を連れて来れば、お小遣いだってあげたいですし、教育資金なども援助してあげたい。そんな事を考えだすと、きりがありませんが。
 

ゆとりある老後のための貯蓄額は、どんなに少なくとも1500万位は貯めて、それ以上3000万円を目指すようにするべきのようです。
 

ゆとりある老後資金作りで すべきこと 

十分な老後資金を貯めるためには、何歳からでも遅いということはありません。もちろん、早いということもありません。
 

2017年からは、
 
 
・総報酬割の導入で、大企業に勤める会社員の介護保険料アップ
・75歳以上の後期高齢者医療保険の保険料アップ
・70歳以上の高額療養費制度の負担上限の引き上げ
・高額介護サービス費の負担上限の引き上げ
 

も始まり、高齢者&専業主婦を新たな負担が襲います。
 

まずはいくら貯蓄しなければならないのか?そこの部分の現状を把握することが第一歩ですね。
 

世の中では、いろいろな意見がありますが、実際のところ貯蓄が必要な額は、人それぞれ状況によって異なります。
 

夫婦の老後資金を増やすためにしたい 保険の見直し

ゆとりある老後を送るために、不要な出費は減らしたいところです。そのための固定費の節約として、第一に「保険の見直し」があげられます。
 

実は、住宅の次に高い買い物と言われている民間保険。これを必要以上にかけすぎている事が多々あります。
 

例えば、公的保険でカバーできる部分が有るにも拘らず、重複して民間の保険で補償を付けている 子供さんが大きくなって居るのに、高額な死亡保障をつけているなどなど。必要のない保障に加入している事もたくさんあるのです。
 

保険はライフステージの変化に応じて必要な保障が変わってきます。必要な保障ができたり、不要な保障がでます。
 

ところがそんな保険を見直す人生の15のタイミング に見直さず、ずっと同じ保障内容で加入し続けていませんか?
 

もし見直しをしばらくしていない時には、損していることも多々ありますので、保険の見直しはした方がベストです。
 

我が家も保険の見直しにより、補償そのままで保険料が随分下がりました。そして老後の不安も減り、覚悟もできました。
 

高齢化社会に向けて老後の心配から、保険見直しをすることで、新たな保険に加入する人もいれば、従来の保険を解約する人もいます。その辺を見極める為に、保険の見直しをしておきたいところです。
 

保険の見直しは 誰に相談すればよい?

ただ、保険見直し相談をするときには、誠実で、頼れる担当者に相談したいもの。保険の見直しや、新規加入は、担当者選びが大きな比重を絞めますので、やはり「仕事のできる」担当者に出会いたいものです。
 

私も無駄な保険料を払い続けた経験から、何度も保険相談を受けています。その経験から、どこの窓口を選ぶと良いか?どんな人に相談すればよいか?上手に見直しをするには?という内容について、消費者目線で下記にまとめています。
 

私の体験談や巷の口コミ、上手な保険相談窓口の選び方です。よろしかったら下記どうぞ。
 

関連記事 保険相談おすすめ どこがいい?見直し窓口比較 口コミ比較ランキング
 

保険相談例:ファイナンシャルプランナー相談で現状把握する

私が、人生のお金のプロであるファイナンシャルプランナーに老後の生活費について相談した時の内容は ↓ のとおりです。
 

1)貯蓄額や退職金などと合わせて考える場合、老後費用として、いくらの準備が必要なのか?いくらあれば安心なのか?を計算する方法。

2)1と「現状との差額」

3)我が家の今現在の状態での老後の月額生活費

4)希望する老後の生活費

5)3と4の差額

6)現状との差額を埋める為の提案。※満期まで払うと支払い分より戻るお金が年々増えていタイプの「老後資金対策の保険」

7)私の保険見直し質問について

※私が不安に思い、加入の可否を検討していた保険について。公的保険でカバーできる事と、現況では、その民間保険利用があまり有効活用されていないとの事から、加入する必要は無さそうと返答を貰う。

尚、この相談で我が家は、新規保険の加入は無しで、新たな老後資金の対策を見い出す。

相談時間:正味2時間程度。

個人で、例え保険内容について調べることは出来たとしても、世の中でどの位その保険に入る価値があるかどうか?迄は分からないもの。その辺をデータ共に教えて貰えたのは、ファイナンシャルプランナーだからこそ。保険相談を受けた甲斐があり大変良かった。

 

老後のお金についてのマネーセミナー

ゆとりある老後の生活のために、そして老後のお金の不安を解消するために、
定年後設計スクール 無料体験会 もあります。私ももちろん受講してきました。
 

この企業のセミナーは、私は かなりの数を受講しています。この「定年後設計スクール」の他、下記の「お金の教養セミナー」「投資信託のセミナー」「日本経済新聞の読み方講座」「ETF丸わかりセミナー」「四季報の読み方講座」などなどを受講しています。
 

参加して良かった体験版の定年後設計スクールでしたので、受講した感想も、下記でまとめています。こちらも宜しかったらどうぞ。
 

関連記事 定年後の仕事とお金 おすすめマネーセミナー
 

以上、ゆとりある老後生活を送るための必要額と、その捻出法でした。
 

マネーセミナー関連記事

マネーセミナーには、怪しい罠も潜んでいますので、それは下記でまとめています。

無料マネーセミナー【怪しい勧誘2体験】おすすめマネーセミナー口コミ評判も なぜ無料?からくりは?
 

参考

「老齢基礎年金」=

20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。保険料を全額免除された期間の年金額は1/2(平成21年3月分までは1/3)となりますが、保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。平成27年4月分からの年金額 780,100円(満額)

※引用:日本年金機構
 
 
「老齢厚生年金」=

厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした方が65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給されます。

※引用:日本年金機構