保険の見直し相談

可愛い女の子が誕生し、毎日が楽しく過ぎていく・・。
そんな中、保険やさんの言うがままに高額の保険に加入し続けていた
編集人:森乃木 のこ です。

総額何百万も保険料を支払い、
保険金が降りたのは、主人の入院時の1回だけ。数万円。

差し引きマイナス何百万円。

若いうちの保険加入は、健康である事は嬉しいものの
お財布事情としては厳しい事もあり、悩んでしまいますよね。

さて、子供さんが生まれた時には、保険を見直した方が良い
と言われていますが、どの様に見直したら良いでしょう?

そこには他の世代とは異なる考え方がありました。
 

スポンサーリンク

結婚した時の保険の考え方

結婚したから、必ずしも保険に入らないといけないという事はありません。
子供さんもまだいない、夫婦2人だけの生活では、
旦那様に万が一の事があっても、奥さまは実家に戻ったり、働いたり、
遺族年金を受け取るなどが出来るからです。

その万が一の際のお葬式代などの心配に関しても、
もしも貯金があるならば、それで賄えるでしょうし、
貯金が無くてお葬式代の不安があるのならば、保険に加入しながら
貯蓄を増やしていけばよいということになります。

ただ、奥さまが働けない状態であったりする場合には、
旦那様の死亡保障は必要かもしれません。

また、後に授かるであろう子供さんの教育費等、
何が必要で、そのお金はどの位かかるのか?という
将来設計はご家庭それぞれ異なります。

未来を決めていく大切なスタート時期となりますので、
その為の保険加入や保険の見直しをする、
という選択肢が出てきます。
 

子供が小さい時の保険加入の考え方

40代50代の保険見直しでは、老後の医療費や
老後の資金つくりを考えた保険の見直しとなりますが、

30代などで子供さんが生まれたばかり、
もしくは子供さんが小さい頃には
ポイントは老後では無く、
子供さんを成人まで育て上げる迄の保障を充実 
させることになります。
 

20代30代では、どんな保険がいいの?

保険料が安い若いうちに終身保険に加入すると良い
と良く聞きますが、実はそれは
必ずしも利点ではないようです。

というのも、若いうちは全く保険金を
受け取る機会もなく過ごすことが多く、
そのまま終身払い続けたとしても
実際に医療費がかかるようになる
(=給付金を受け取る可能性がぐんと増える)
数十年後には、医療技術も、保険の内容も変わり、
保障が現状に合わなくなる可能性があるからです。

まだ子供さんも幼いこの時期に保険に加入する意義は、
親の病気に寄る収入減から起こる生活苦です。

まだ若いうちは、不測の事態に備えられるほどの
貯蓄は無い事も多いですので、このころは、
貯蓄を増やしながら、同時に保険に加入し、
不意のリスクに備えていく、という事になります。
 

子供さんのいる世代のお勧め保険

では、どんな保険に加入したら良いかというと、
お金のプロ、ファイナンシャルプランナーさんによると

将来どうなるか分からない終身保険よりも、
子供さんが成長するまでの間だけ、
10年更新タイプなどの定期医療保険で備え、
その時代に即した保険に加入する

 

20代、30代の子育て期には、
それが良い方法と言います。

※終身でもOKというファイナンシャルプランナーさんも
勿論います。保険商品の内容にもよります。

ただ、皆同じ考えなのは、子育ての責任を果たす為にも、
保障は手厚くしておきたい。という事ですよね。

なので、子供さんが幼いこの時期、
将来の備えて納得の行く保険料の支払いをする為に
保険を見直しをする必要が出てきます。

私も、今は子供が二人とも大学生になり、
一人は成人しましたが、
これまで何度も保険を見直してきました。

なかなか素人が個人で見直すのは難しかったり
怖かったりしますし、石橋を叩いて亘るタイプなので
7社比較の体験談 にも書いていますが
毎回窓口相談に行って相談してみました。

 

まとめ

子供さんが大きくなったら、
公的保険を利用しつつ、自分の貯蓄や体調と照らし合わせながら、
必要のある保険があれば加入する。

 

保険の加入や見直し方法は、年代別に異なってきます。
ご不安がある場合には、ファイナンシャルプランナーさんも
相談に乗ってくれますよ。

 

チェック「老後資金を貯める!」7つのポイント まとめ他

老後のお金を貯める為に、まず確認したいこと。

老後資金対策に危機!是非読んでくださいね。
我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代より

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!

●確認しておきたい事 7つ

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ
2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

その他 節税・節約やお金を増やす方法 5つ

老後の住まいつくり 準備4つ

1.リフォームや片付けの時の買取サービス
  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!
  リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!
 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!
  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク