2022年4月~年金受給額は2倍に増やせる! 驚きのお得な貰い方2つ&注意事項3つ

年金を増やす方法
 

2022年4月に 年金制度改正法が施行されます。そのことで、年金が約2倍に増やすことが可能な時代になりました。1.その2倍に増やす方法と、2.ちょっと知恵を使った「お得に2倍に増やしながらも」「貰える年金は早めに貰う」という、知っておきたい お得な年金の貰い方2つ のお話です。また 喜んでばかりもいられない、繰り下げ受給の損もあります。その注意事項3つについて。
 



その1 年金を75歳から繰り下げ受給する

現在、年金の受給開始年齢は 60歳から70歳まで自分で選択できます。しかしが、その上限が2022年4月から75歳に引き上げられます。75歳まで繰り下げ受給をすると、年金受給額が184%、ほぼ2倍になります。
 

年金は1か月の繰り下げで +0.7%ずつ増えます。1か月ずつ受給を遅らせていけば 75歳受給の 184%に近づいていく、そんな仕組みになっています。

関連記事→繰り下げ受給の増額は+0.7%/月です
 

70歳から受給するか?75歳から受給するか?の2択な訳ではありません。ですので 75歳まで受給を我慢する必要はないですよ。無理なく働けるところまで働き 受給を遅らせ 年金受給額を増やすというのも手です。
 

注意1 寿命による損得に注意

75歳から受給する場合、70才から受給をする人と比べて 受給総額が上回るのは「91歳から」。また65才から受給する人と比べると「86才から」になります。
 

ちなみに 70歳で受給をする場合、65歳から受給する人と比べると、受給総額が上回るのは「81歳」となります。
 

注意2 健康寿命の関係に注意

日本人の平均寿命は2021年のデータで 男性81.41歳 女性87.45歳。健康寿命は 男性72.14歳 女性74.79歳です。あまり受給開始年齢を遅らせると、いざ年金受給となったとき、どの様な生活を送っているかは分かりません。寝たきりになっている可能性だって無いとは言えません。
 

今後 医療費も1割から2割へ上がっていく時代がやってきます。貰える年金を医療費に使うか、娯楽に使いたいかなど 年金をどのように使いたいかによっても、受給開始年齢の希望も変わります。それぞれの方の人生の選択になります。
 

関連記事→ 年金には時効がありますので、ご注意ください。
 

その2 年金繰り下げ受給開始をずらす

また、厚生年金加入者だった場合、年金の繰り下げ受給は、国民年金を65歳から、厚生年金を75歳からと、それぞれ分けることが可能です。そしてどちらの年金も75才から受け取る場合には 184%で受給できます。
 

例えば 1. 65才から 厚生年金を受給し、75才から国民年金を184%で受給する。
または、2. 65才から 国民年金を受給し 75才から厚生年金を184%で受給する、
 

という事ができます。
 

注意3 加給年金受給者は注意

それぞれの受給額の多いほうを184%にした方が もちろんお得。ただ、加給年金がある場合は、1の厚生年金を65才から受給を選択したほうがお得になります。
 

何故かというと、加給年金は厚生年金とセットになっているからです。75歳まで待っていると、加給年金の対象から外れ、貰いそびれてしまうことがあります。
 

3)妻が65歳になるまでの加給年金:

ご主人さまが年金を受ける年になった時に、厚生年金の被保険者期間が20年以上あり、妻が65歳未満・若しくは子供が18歳のお誕生日後初めての3月31日迄。妻や子供の年収が将来に亘り、年収850万以下・所得655.5万以下の場合、ご主人様の年金に上乗せ支給されます。

関連記事→ 主婦が老後貰える年金平均額 と 年金を増やす7つの方法 から
 

年金は上手にお得に 少しでも多く貰いましょ~。
 

75才まで繰り下げ受給をしない 普通の繰り下げ受給の考え方はこちら

年金金額は 繰り下げ受給でいくらお得?何歳から貰うかで金額を比較