・固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら 

老後の年金不安

年金は今後、年齢に寄り65歳から貰う人が増えてきます。
我が家の主人は、64歳から貰える年齢帯なのですが、
今後は殆どの人が65歳からの支給開始になっていきます。

ただ、63歳から貰えると言っても、
63歳から貰わなければならない、という訳ではありません。

63歳から貰える権利が発生した、というだけです。
これは今後65歳から年金が貰える世代の方たちも
勿論同じ考え方となります。

そして、何歳から年金を貰かによって、
貰える年金額が変わってきます。

お得なもらい方を知っておけば
不安なく年金受給開始について検討することが出来ます。

それでは、年金開始年齢について考えてみましょう~



将来の年金受給額を計算する

年金は、自分の年金開始年齢を過ぎれば
いつからでも貰えますが、
1か月支給を遅らせるごとに0.7%ずつ支給額が増えてきます。
2年間繰り下げれば24か月×0.7%=16.8%増え、
その増えた金額で障害年金が貰えます。

70歳まで繰り下げれば42%UPになるという計算は
ここから来ています。

関連記事老後の年金受給額を増やす方法2つ!貰える額42%UP!など 

なので、42%UPさせようと、70歳まで待たなくとも良いんです。
もっと短く考えて1か月支給を遅らせるだけでも
年金が増額してもらえると考える事ができるのです。
 

年金は申請しないと貰えない

年金は、申請しないと貰えません。
なので、年金支給開始年齢になったとしても、
年金を貰おうとしなければ、自動的にその期間分、
障害の年金額が増えていきます。

ということは、働けるまで働いて
年金を貰わないでいればいいだけです。

いつからも貰えば何%UPするとか、
そう言う事を考えて、もう少し貰わないで頑張ろう!とか、

70歳まで貰わずに42%UPさせよう!とか
そういう苦しくなるような考え方は必要なさそうです。

ただただ、年金を貰える権利を獲得したので、
出来れば貰わずに1か月でも多く過ごすだけ。

それだけで障害の年金が増えるのだ、と思うと、
少し気が楽になりませんか?
 

年金は5年遡って請求できる

また、例えば、何らかの理由でまとまったお金が必要になった時、
5年間年金を遡ってもらう事が出来るようです。

その時には、年金支給開始年齢から貰える分の年金額を
一度に支給してもらえます。
そしてその後の年金支給は、増額なしの通常の支給額を貰う事になります。

「年金受給申請をし忘れていたので、その分今から一度に貰い始めたいです」
と申請する形になります。
 

年金受給で「得する年齢」まとめ


基本、年金は急いで貰わなくても、
自分が受給を開始しよう!と
思った時に申請すれば良い。

お得に受給 その1:

それまで支給を遅らせた分は、1か月単位で生涯年金が
増額される。

お得に受給 その2:

もしも途中で、お金が必要になった時には、
それまでの分を遡って支給してもらう事も出来る。

 

なので、生活に支障がない限りは、
年金受給申請をしないでいて大丈夫!

年金受給権利を獲得してから、受給までの期間は、
生涯貰える年金が増え続けていて、
尚且つ、困った時には貰えるお金がある、という時期である。
 

その他、お得なもらい方あります↓
関連記事年金が足りない!受取金額のお得な貰い方!厚生年金の44年加入!

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ