退職金の平均・相場は?
 

老後の生活を支えるのは
 

・退職金
・年金
・労働収入
・預貯金や資産
 

となりますが・・。
 

この中の「退職金」みんなはどの位貰って居るのでしょう。大きな一時金としてもらえるだけに、お隣さんの退職金が気になりませんか?平均額や相場のお話です。
 

退職金は税制優遇がある!手取りはいくら? 

退職金には税制優遇があります。勤続35年の会社から退職金を受け取る場合1850万円までが非課税となります。
 

それ以上=1850万円以上の部分に関しては、その半分(2分の1)に課税されます。
 

例えば、同じく勤続35年で、3000万円の退職金の場合には、1150万円の半分=575万円が課税対象ということです。
 

※税金算出において所得控除を受けるときには、事前に勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を提出する事を忘れないようにします。
 

尚、勤続が20年以下の場合には、計算式が変わります。
 

国税庁HP 

 

とにもかくにも1850万円まで(※勤続35年の場合)は、まるまる課税されること無く貰える訳ですが・・では、退職金の平均ってどの位なのでしょうか?
 

みんなの退職金の平均は?いくら位

All about Money によると
 

厚生労働省の平成25年就労条件総合調査結果の概況データでは退職金の平均は、
 

大学卒の定年退職金は2156万円
 

大学卒(管理・事務・技術職):2156万円
高校卒(管理・事務・技術職):1965万円
高校卒(現業職):1484万円

 

日本経済団体連のデータからみる退職金の平均は、
 

大学卒の定年退職金は約2400万円
 

2014年:大学卒2357.7万円/高校卒2154.9万円

 

東京都産業労働局労働相談情報センターの「中小企業の賃金・退職金事情 平成26年版」でから見る平均額は、
 

中小企業の定年退職金は約1200万円
 

大学卒:1383.9万円(1224.4万円)
高専・短大卒:1234.5万円(1136.3万円)
高校卒:1219.1万円(1113.7万円)

 

となっています。
 

調査する所により退職金の平均額が異なってきていますね。
 

ただ、フィデリティ退職・投資教育研究所のデータでは、平均を出す前のそれぞれの金額帯における全体から見たパーセンテージがありました。
 

そこで円グラフにしてみましたところ・・なんと!
 


 

この退職金受取額の、それぞれの金額帯のバランスの良さ。ビックリするほどのバランスっぷり。。
 

退職金の平均なんて出す意味があるんだろうか?と思うほど、皆の退職金の相場はさまざまで、それぞれ同じ位の%の方がいらっしゃいます。
 

※尚、この調査における退職金の平均は1873万円となっています。
 

このグラフを見ていると・・
 

もしもお隣さんよりも退職金が少なくても(ま・・そんな事は知る由もないでしょうが)、もしもお隣さんより退職金が多くても
 

気にならなくなるのは私だけでしょうか。。
 

定年退職になるまで、働き続けて真面目に、時には不真面目に日々を生きて、人間らしく泣いたり笑ったり、辛い思いをしたり、喜んだり・・
 

そんな月日の価値が、退職金という金額で決定される訳では無く、たまたま歩いてきた道のりが、どの道を歩いてきたかだけの違い。
 

みんなの退職金はいくら?平均は?などということに興味があ、、調べてみましたが、このグラフが出来上がった時、なんだか さわやかな気分にさえなりました。
 

もちろん出来る限り老後資金の準備をする事に変わりはなく、とても大切な事であるのに違いは無いです。
 

ただ、基本、下記の記事内にて人生の先輩方がおっしゃるように
 

老後を楽しく生きるには?お金がなくても大丈夫!人生の大先輩から見えた幸せの法則!NHK団塊スタイル
 

どんな時にも人生を楽しむことが大切で楽しんでいけばいい訳ですよね。。
 

退職金のデータを見ながら、老後のお隣さんの懐具合は、気にしないで生きていこう!そんな事も思った調査結果のまとめでした。
 

上記記事、当サイト内でも人気記事なんですよ♪
 

※「定年後の保険はどうする?」についても下記記事にしています。

関連記事老後 定年退職後 60歳からの保険見直し 総まとめ。がん保険など選び方6点