老後の海外移住

最近TVで海外移住の特集を良く見かけるようになりました。

生活費が安く、家も広く暮らしやすい。
年金生活でも暮らしていける、という
良い点ばかりが強調されていますが。

実際には「年金加入」「年金受け取り」「国民健康保険」など
私達の生活を安定させる制度についてはどうなるのか?

そんな不安があります。
そこであちらこちらのサイトから情報を頂き
まとめてみました。



海外移住 住民票はどうする?

海外に1年以上滞在するときには、
住民票を抜くことになっているようです。

住民票を抜くと住民税の支払いは無くなり、
国民健康保険には加入出来なくなります。

海外移住 国民年金加入・支払いはどうする?

ただ、国民年金だけは可能性がまだ残されています。

というのも、私たちが加入している国民年金や厚生年金制度が
海外移住に寄り無くなってしまうと、
老後の年金が減ってしまう。それが解消出来ます。

海外に移住しながらも国民年金に加入できる
「任意加入」という道が残されているのです。

また、国民年金は、国内での収入が無い場合
「免除」というものがあります。
加入期間には含まれるけれども、支払いは無し、
にする事も可能です。

ただ、その場合には、年金支払いをしてい無い訳ですから、
将来受け取る年金額が減ってしまいます。

「免除」を利用するのではなく、
ちゃんと支払っておいた方が安心なようです。

All aboutマネーより
 

海外移住 国民健康保険はどうする?

住民票を抜くと国民健康保険に加入出来なくなります。

とはいえ日本の国民健康保険制度は、高額ではありますが、
いざと言うときの心強い味方。

そこで、海外移住されている皆さんがどうしているのか?
調べ見ますと、色々な方がいらっしゃいました。

例えば、住民票を残しながら国保に加入している人は、

前年の日本での収入がゼロの場合には、
国民健康保険料「年額が」1万円程度という方がいたり、
でも前年の日本での収入ゼロの場合、
国民健康保険料の「月額が」1万円と仰っている方もいて

ちょっとどちらが正しいのか分からないのですが、
住民票を残しておけば、海外に居ても、国民健康保険にも
加入出来るようです。

月額1万円でも、私たちが民間保険に払って居る額を思えば、
お安いですよね。

反対に、住民票を抜くことで、国民健康保険料は払わず、
治療をしたい時に一時帰国し、住民票を戻す。そして
国民健康保険料を支払ったうえで、治療開始。
というように、国民健康保険の恩恵を受けている人も多いようです。

それが倫理的に良いか悪いかは、微妙な意見の食い違いが
あるようですが。
 

海外移住 戸籍と住民票の記載はどうなる?

住民票にも戸籍の附票(住所の変遷の記載のある物)にも 
海外転出ということで「国名と州など」までは記載されるようです。

その後、海外ではどこに転居しても、それは
日本の住民票と戸籍の附票には記載されず、自分でも
特に手続きは必要としません。

帰国する際には、パスポートなどをもって
新たに転入する市町村に行けば大丈夫なようです。

海外での国民年金の受け取り方は?

海外に居住し、日本の銀行で受け取る事も
海外に居住し、海外の銀行で受け取る事もできるようです。

その他条件に応じて提出する書類が変わってきますが、
こちら→ 日本年金機構のサイト に詳しく載って居ました。

 

海外移住 まとめ

・通常は1年以上 海外にいるのならば
 住民票は抜いていく。

・すると国民健康保険料も、住民税も
 支払いは無くなる。

・国民年金保険に関しては、支払わなくても良いし、
 任意で加入していてもよい。
「免除」扱いにして加入期間だけ確保し
 保険料を払わなくても良いし、支払っても良い。

・海外転出したら、その後の住所変更などは
 特に帰国するまで何も手続きはしなくても大丈夫。

・今現在の家が、いくら位で売却できるか?は
タウンライフ でネットから無料で
簡単に見積りが取れます。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の住まい 検討3つ

老後の住まい 介護リフォーム

1.リフォーム・住み替え

費用は安く抑えたい。リフォーム時のお得まとめ
暮らしやすい街への住み替え各種情報
コンパクトシティの選択などについて

リフォームのお得な控除・補助金&住み替え



2.リノベーションする

大好きな心地よい終の棲家を作る!リノベーション方法まとめ
年商1億 大家業の主婦さんもチェックする点など

老後も安心な中古住宅リノベーション法



3.介護リフォーム

老後を見据えた時の、暮らしやすい介護を考えたリフォーム検討法
どんなリフォームがあるか?介護保険制度は何が使えるか?など

老後の家づくり。 建て替え・増築・リフォーム法2つ