老後のお金の話

老後資金が貯まらない。老後資金の備えがまだできていない。国の年金が期待できない時代になり、そんな心配や不安を誰もが持って居ると思います。そこで老後資金の貯め方についてまとめてみました。
 

Yahooの意識調査「老後資金準備してる?」では、およそ6割の方が、「準備しようと思ってはいるが、できていない」と答えています。
 

老後資金準備

計画を立て準備している 37481票
準備しようと思って居るが出来ていない 65407票
準備するつもりがない 6914票

合計109,802票

 

あなたの老後資金の貯蓄や準備はいかがですか♪ 私も今の生活で手一杯とはいえ、なんとか備えなければ、と痛感しています。
 



老後資金の貯め方 6点

老後のお金を貯める為には、下記が大切です。
 

1.目標額を設定する。
2.住宅ローンが終わってなければ支払いを終える。(※これは意見が分かれる所ですが)
3.無駄な保険を排除すべく保険の見直しをする。(※このページ)
4.年金を増やすために確定拠出年金に加入する。
5.働けるのなら働いて貯金や年金受取額を増やす。
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
6.老後に備えたお金の使い方を覚え、習慣化する。

 

このページでは一番大きなポイントとなる可能性のある3番目の「無駄な保険を排除すべく保険の見直しをする」をまとめています。
 

日本人は保険に弱いので、内容が良く分からないまま、保険やさんに勧められるがまま。保険に加入している事が良くあります。
 

保険会社主体の保険の加入状況に関しては、金融庁も警鐘を鳴らして居ます。NHKクローズアップ現代でも放送されました。
 

関連記事金融庁も警告!貴方の保険が危ない!
 

それにたとえ、今現在加入している保険が適正だと自信があっても、世の中では、年々新たな好条件の保険が販売されています。もっとお得な条件の保険が、次から次へと新発売されていきます。
 

なので、気付けば、加入中の保険が、すっかり時代遅れになって居ることもありますので、ときどきチェックしていく事が必要です。
 

貴方の大事な資産が、不要な所に奪われていないか見直しをしてみると、老後資金の貯め方が変わることがあります。
 

老後資金と保険の関係 保険料の総額ご存知ですか?

毎月、何年もの間 支払い続ける保険料は、実はもの凄く高い買い物です。
 

例えば保険やさんがよく勧めてくる更新型の保険に入っていると、保険料は更新ごとにどんどんとUPしていくことにお気付きでしょうか。
 

例えば旦那様が20000円弱、奥さまが8000円を30代の頃から毎月支払い10年更新型だとしたら。
 

最初の頃は月1万円台だったとしても、60歳を過ぎてくると月5万円を超え、下記の支払いになります。
 

30~40歳 16000円 ×12か月×10年=192万円
40~50歳 21000円 ×12か月×10年=252万円
50~60歳 34000円 ×12か月×10年=408万円
60~65歳 50000円 ×12か月× 5年=300万円
 

30歳ころから65歳まで保険をかけ続けると「総額1200万円弱」
 

(参考:保険のマンモス 得する家計&保険 はじめてガイドより)
 

それが旦那様の分ですから、奥さまの分も足すと、二人で2000万円程の支払い総額となってしまいます。我が家の場合も、保険の見直しをしなかったら、そのまま加入し続けたら、毎月7万円台になる所でした。
 

気付いた時には、目が飛び出ましたよ。払える筈ないですから。加入するときは、その時の月額保険料しか聞いていませんでしたし。
 

それでいて、いざ保険金支払いが必要な老後に、月々の7万円の支払いができないからと解約したら、当然のことながら、それまで支払ってきた保険料の大半が、泡となって消えます。
 

老後に何の為に、何十年も保険料を支払ってきたのか・・。となっては辛すぎます。
 

私の父母は、これと同様の経験していますが(失敗した..保険ショップ選び方【父母が大損の実話】保険見直しの必要性 )それを知って居たのに、自分も同じ道を歩む所でした。
 

老後資金が貯められない時チェック3点

老後のお金を守り、貯めていく為に、そして辛い想いを無い為には、保険の見直しが必要です。下記見直しのチェック事項です。
 

1.各種保障額が高額になっていませんか?

死亡保障を初めとした保障は、子供さんの成長や独立を初めとした家庭環境や自分自身の変化等により年々、必要額は減ってくる筈です。
 

ということは、年を追うごとに保険料は下げるのが普通です。
 

なのに何故か更新と共に保険料が上がる保険に加入していたり、もしくは見直さずに、ずっと同じ保険に加入し続けていると、「保障が高額に設定されたまま」という事が良くあります。
 

2.保険の重複はありませんか?

不要な保険に入って居ませんか?保険の重複していませんか? 下記保険の重複と不要な保障を挙げています。
 

個人賠償責任保険の重複

自転車で他人にケガをさせたり、買い物中に誤って商品を壊したなど、日常生活で起こりうる偶然な事故により他人に損害を与え、損害賠償責任を負った場合に補償される保険です。
 

その他にも
 

.飼い犬が他人を噛んでケガをさせた
・マンションの自宅の風呂場からの水漏れで、階下の部屋に損害を与えた
.ベランダの鉢植えが落下し歩行者に怪我を負わせた。など
 

どこの会社の保険も補償の範囲が幅広いのが特徴です。
 

また、契約者本人以外にも、
 

・本人の配偶者
・本人または配偶者の同居の親族
・本人または配偶者の別居の未婚の子

 

が対象となっていることが一般的です。
 

この個人賠償責任保険は、火災保険や自動車保険などに付いている可能性がありますし、子供さんの保険に入っていたら、その保険についている可能性もあります。
 

重複している可能性があります。
 

住宅ローン購入時の保険の重複

住宅を購入しローンを組む際には、団体生命信用保険に加入します。団体生命信用保険とは、住宅ローンを借りている人が返済中に死亡や高度障害状態などの場合に、保険金でローン残高が相殺され完済するしくみになっています。
 

追記:平成28年9月5日 読売新聞 くらしの欄にてこの団信に、がんなどを患った際にも保険金が支払われる「疾病保障」の付いたタイプがここ数年増え、取り扱う銀行が増えている、との記事がありました。

 

住宅ローンを購入する前には、家賃の支払いなども含め、万が一の際の保障を考えて民間の保険料を決めたと思います。
 

なので、団体生命信用保険に加入後も、住宅費用に関する保障を考えて民間保険に加入していると、これも大きな重複になります。

 

当サイト内の生命保険料・保障額を下げるには? 2つの補償の重複を確認!より
 

3.必要以上の高額の保障が付いていませんか?

国の公的年金との兼ね合いはチェックしてありますか?公的保険で保障されるものにも大きな保障を付けていると、この先払い続ける保険料は、大きな損失になってしまいます。
 

高額療養費制度

国の保険制度があります。高額療養費制度でもお金が出るので、民間の医療保険料の保障額を決めるときに、そんなに高額に設定する必要がない事があります。
 

実際の支払い額は所得や年齢によって異なりますが、一般的には、同月内に医療費が100万円かかった場合=窓口負担分が30万円の場合、医療費の自己負担限度額は9万円程となります。 ほか

 

当サイト内 高額療養費制度 のページより引用
 

休業時の収入保障

収入保障に関する厚生年金での制度や、別途加入中の保険があるのならば、医療保険料の保障額を下げることができます。
 

・傷病手当金
・所得補償保険
・収入保障保険
 

当サイト内 休業時の収入保障 に詳細あります。
 

伴侶の死亡保障

各種年金制度で貰えるお金もあります。生命保険料などの保障額を決める際に、ついつい高額保障を付ければ安心と思いがちですが、必要以上の保障額を付けてしまって居る事があります。
 

遺族年金はいくら貰えるの?
遺族厚生年金
中高齢の加算 など
 

当サイト内 遺族年金のまとめ に詳細あります。
 

老後の貯蓄額が足りない時は保険を見直す

定期的な出費である保険料は、見直さないと、毎月万単位でお金が消えていきます。要らない保険料は、老後資金に回せる部分なので、ここを見直せば大きく貯蓄額を増やせるお金が貯まるチャンスとなります。
 

なんとなく不安だから。なんとなく保険に入っている方が安心だから。そんな気持ちでの保険加入は、保険やさんへの貢ぎ物です。(↑以前の我が家です・・)
 

老後資金を貯めるには、保険の見直しは必須。数々の老後資金関係の本でも、必ず「保険の見直し」が勧められていますよ。

老後の保険見直し
 

老後資金を捻出する保険の見直し

また、保険会社は、公的保険で補える分を差し引いて「民間の保険について提案」は通常してくれません。保険商品の販売がお仕事なので、自社の保険が必要ないとは言いません。
 

私たちは、保険会社の担当者さんから保険に加入している事が多いので、結果として、保険の重複だけでなく、公的保険でカバーできる部分に関しても民間保険に加入していることが多いです。
 

「保険に弱い」日本人は、充分な国民健康保険の手当があるのに、保険に入り過ぎと言われています。
 

保険の見直しをしてみるには?

そこで保険の見直しをしようと思った時ですが、
 

今加入中の保険会社に相談するのは避けたいです。「転換」というものを勧められ、今まで支払った保険料が下取りされ、新たな保険の加入を提案されてしまいます。支払い済みの保険料を下取りされてしまうと、月の支払い保険料が安くなったように見えるだけで、実際の支払い額は変わりません。
 

再び保険の罠にはまってしまいます。
 

私たちは、見直す際には、今現在の保険会社に相談するのではなく、関係の無い保険相談窓口などで現状の保険について確認をし、提案を貰ってみるのがおすすめです。
 

我が家は「保険の転換」で本当に嫌な思いをしました。当時、「見直した方がいいからハンコ持ってきて!」「月末までだから早く早く!」と保険やさんから言われ、説明もなく、2~3日で転換させられました。この転換で保険料を知らずに多額に支払う事になったので、トラウマがあります。
 

ひっかかった我が家がバカなんですけれどね。悪質な保険やさんですよね。だからこんなに保険を熱く語るようになってしまいました。私も保険相談窓口比較【おすすめ どこがいい?誰に?一覧】 でも書いていますが、ネットで「保険の罠」と調べると、結構「転換」について出てきますよ。
 

また、保険相談窓口の中には、ファイナンシャルプランナーと相談できる窓口もあります。ファイナンシャルプランナーとの相談では、その家ごとの老後資金の必要額の算出方法等も教えて貰えたりします。
 

例えば、我が家の相談では下記のようなお話を聞けました。
 

1.我が家の場合のおおまかな「老後資金の準備の必要額」
2.我が家の老後生活の希望から算出するおおよその月額生活費
3.その希望の老後生活の為に必要な総額と現状との差額。
4.現状との差額を埋める為の案

 

結果、私が家の場合は、新規では保険に加入せず、現状維持で、老後資金の準備をすることに決定。それまで抱えていた老後の不安を取り除くことが出来ました。
 

保険の相談は、保険に必ずしも加入しなければならないシステムではありませんので、まずは現在の保障を見てもらうのも大切なことだと思います。
 

近所で気軽に保険相談窓口で気軽に相談したい時には、LIFULL保険ショップ検索サービスの おまかせ予約 を使うと、相談希望エリアと相談希望日時・相談内容をHPに入力するだけで、希望に添った相談窓口を選んでもらえます。スーパー等の店内や駅前など、出かけやすい所に店舗を構えている事が多い保険相談窓口ばかりなので、ちょこっと相談をしたい時にぴったりです。
 

おすすめとしては、やはりお金の専門家であるファイナンシャルプランナーとの相談です。保険見直しラボ は、最大級の保険相談サービスなので全国の対応エリアも広いですよ。ファイナンシャルプランナーと相談できる窓口もいくつかありますが、保険見直しラボの場合は、ファイナンシャルプランナーの経験年数が平均12.1年と、ベテラン揃いな所が安心です。
 

取扱保険会社も他サービスと比べてもトップクラスですし、公的保険などの兼ね合いを考えながら、必要な保障や不要な保障を提案してくれると思います。
 

私も最初は、保険の見直しに関しては、なかなか一歩が踏み出せませんでした。でも一度申し込みをしてからは、まるで趣味の様に、保険相談窓口をいくつも歩きまわっています。お蔭で知識も増えました。見直しの提案は担当者に寄り異なるのも勉強になりますし、保険に強くなりました。もう保険には、だまされません♪
 

保険の切り替えなどは、来月からすぐに変更という訳にはいかなくて、少なくとも2カ月はかかってしまいます。なので、無駄な出費がずるずると続くのを避けるためにも、思い立った時に申し込みをして、相談だけでもしておくと安心ですね。
 

保険相談は、私達の老後資金を守るため、貯める為に、とてもおすすめです。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
プレゼントがもらえる保険相談窓口3つ
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくこと。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方


老後移住したい 移住先の国内・海外・リゾート地 記事3選

お悩み解決
老後の移住情報あつめましたよ。国内移住の成功と失敗や、一番人気のマレーシア移住の実態。年金で暮らせるのか?そして軽井沢、安曇野、ハウステンボスなどリゾート移住のお話です。
人気の老後移住先!住みやすいのは?
人気のマレーシア 海外老後移住の現実
定年後、リゾート地に移住したい