固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら

確定拠出年金

年金支給開始は、いずれ70歳へと引き上げられていくでしょう。
私達は、出来る限り長く働き続けなければ
老後の生活が苦しくなってしまうかもしれません。

とはいえ、年を重ねれば、病気の心配もありますし、
いつまで、どの位の仕事が出来るのか・・不安があります。

そこで2017年1月から加入対象者の枠が広がる
確定拠出年金が、年金を増やすために大きく役に立つようです。

スポンサーリンク

将来の年金はどの位貰えるのか?

物価が上昇しても年金は上がっていかない
マクロ経済スライドを考えると、
会社員の夫と専業主婦の妻のケースの場合、

現在50歳で年収500万の世帯では
65歳開始年齢は、標準月額22.7万円。

経済が低成長の時には20.9万円位になるのではと
言われています。

また、30代40代の方が将来受け取る年金は
現在より2~3割減るとも言われています。
 

少ない年金を補う為に 今から検討しておく事

定年が引き上げられない限り、
定年と年金支給開始時期との間の空白の年数も生まれ、
貯蓄で食いつなぐしかありません。
そこに年金支給額が減らされるというダブルパンチが来れば、
老後生活が貧困になってしまう可能性があります。

なので、年金が少ない事の対策としては、

・少しでも長く働き続ける。
・個人年金を増やす。

 
を考える事になりますが。。

少しでも長く働き続ける方法としては、
起業もありますが、それをを考える際には シニア起業の落とし穴 等に
気を付けたいところ。

また、個人年金に関しては、まず、民間の保険において、
子供さんが小さいうちは生命保険を手厚く 
しておいた死亡保障を、子供さんが大学生になったら減らし、
代わりに個人年金を手厚くすることで、
自分たちの老後に備えていくことも考えます。

 
ただ、個人年金は、払いこみ時には
所得税と住民税の税控除が認められますが、
受け取り時の事を考えると、それは雑所得に当たり、
所得税と住民税が上がる場合があります。

それに、住民税が上がると、それに連動して
国民健康保険の保険料もアップしてしまいます。

 

株式投資や投資信託、確定拠出年金について

民間の個人年金に頼る以外には、
株式投資や投資信託などもありますが、
50歳以上になってくると、元金の減らないものに
徐々に移行していくようにし、
リスクの高いものは避けた方が良いと言われています。

そこで何歳からでも考えられるのが2017年1月から
加入者枠が広がる「個人型確定拠出年金」です。

個人型確定拠出年金は、掛け金が全額、所得から
控除出来る
ため、節税効果が大きいです。

会社員の方では、企業で、退職金代わりに
確定拠出年金に加入をしている方が多いと思います。
個人型確定拠出年金に関しては、今までは自営業者だけでなく、
企業年金のない会社員も加入出来ましたが・・

2017年1月からは、加入対象枠が広がり、
専業主婦の方も公務員の方も個人型確定拠出年金
加入できるようになります。

老後の資金作りとしては、これは見逃せません。
新制度に向けて、本も沢山 出版されていますよ。

 

※企業型確定拠出年金に加入している人であっても、
個人型にも加入出来るという記載もたまに見ますが、
それは企業に寄ります。
残念ながら我が家の主人は加入出来ませんでした。

詳しくは ↓
個人型確定拠出年金は企業型と併用できるか?実際に各所に確認してみた!
 

楽天証券の確定拠出年金

主婦の老後貯金に朗報!制度改正を見逃さない!
個人型確定拠出年金加入枠広がる!

※楽天証券の確定拠出年金セミナーに行ってきました。
大した追記は無いですが、少しだけ上記リンク先に
加筆しています。

これからの年金制度が危ない時代には、
自助努力が必要で、努力をした人としなかった人とでは
将来の年金に大きな差が付いてきてしまいます。

早速私も確定拠出年金の申込書の請求をしました!

専業主婦の確定拠出年金
 
50近い私の場合、今の年齢から60歳まで利率5%でかけると
総額400万円を超えるようです。

書類請求画面では、それぞれの方に合わせた予想額が、
表示されます。

楽天口座開設は無料なので、まずは口座開設するだけでも
確定拠出年金を今からかけた場合、一体いくら位になるのか?
それが分かりますよ。

楽天証券 口座開設・資料請求はこちら

確定拠出年金は、未来への可能性を繋いでくれそうです。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク