終身年金

日本人の平均寿命は 男性が80歳 女性が86歳と、長寿大国となりました。
 

長~い余生が送れる時代となりましたが、今までのお年寄りと比べ、これから老後を迎える世代は目減りしそうな年金問題を抱え、不安を感じますよね。
 



女の老後 お金の話

2016年9月30日付けの新聞では、こんな記事もありました。
 

低所得者ら特例廃止を厚生労働省 後期高齢者医療で提案。
 

特例廃止の影響を受けるのは75歳以上の高齢者のうち低所得者747万人と、74歳まで会社員らに扶養されていた169万人。扶養家族だった人の場合、現在月380円の保険料が、特例廃止に寄り最大で1890円と5倍増となる

 

参考:厚生労働省 保険料軽減特例の見直しについて
 

また、2016年12月には、経済ジャーナリストの荻原博子さんもlivedoor Newsにて ↓ のように言っています。
 

2017年から始まる新たな負担 高齢者&専業主婦を襲う より引用
 

(1)総報酬割の導入で、大企業に勤める会社員の介護保険料アップ

年収456万円の人の場合、5,125円から5,852円。年収841円の人で高額所得者の多い健康保険組合の場合は、5,125円から10,793円に。
 

(2)75歳以上の後期高齢者医療保険の保険料アップ

75歳まで会社員の妻などで保険料負担ゼロだった人は、保険料が月額5倍に。年金収入が年211万円の人は、4,090円から6,290円の負担増に。
 

(3)70歳以上の高額療養費制度の負担上限の引き上げ

年収370万円未満の人(住民税課税世帯)の場合、外来上限が1万2,000円から2万4,600円。入院上限が4万4,400円から5万7,600円に。
 

(4)高額介護サービス費の負担上限の引き上げ

年収383万円未満の人(住民税課税世帯)の場合、3万7,200円から4万4,400円に。
 

特に高齢者は’18年度と’20年度の2段階で、年金カット法案が実施される予定です。’17年の負担増、(2)の毎月払う保険料と、(3)の病院代、(4)の介護サービス料も増えるトリプルパンチに、受取額が減る年金カットで追い打ちをかけ、高齢者受難の時代になりそうです
 

また、萩原さんは「’20年の東京オリンピック・パラリンピック後には大不況が来る」と予想。

 

お金のない日本では、これから年々高齢者に厳しい時代になっていきそうで、心配も尽きませんが・・・。
 

気を取り直して、一つ一つ見ていきましょう!
 

未亡人 平均寿命の長い女 主婦一人の年金暮らしはどうなる?

私達は60歳若しくは65歳で定年を迎え、年金暮らしが始まります。夫婦二人で貰える年金は20万円前後、生活費の平均は23万円~25万円程度と言われています。
 

そしてその差額を老後資金で賄うことになりますよね。
 

※老後資金については、当サイト内 老後資金はどの位必要? に書いています。
 

ところが、統計的に平均寿命の短い男性=ご主人様が先立たれた時、奥さまの年金はどのようになるのか?というと・・
 

遺族年金はいくら貰える?

遺族年金には下記の3つがあります。
 

・遺族基礎年金:(18歳未満の子供が居る場合)
・遺族厚生年金:(生涯)
・中高齢の加算:(夫死亡時に自分が40歳から65歳未満。子供のいない場合)

 

自分の年齢や家族構成に寄り、遺族年金がいくら貰えるかは異なってきますが、おそらく65歳時には18歳未満の子はいない事が多いと思われ、遺族基礎年金では対象外になる人が大部分と思います。
 

また、一人一年金制度に寄り、主婦が65歳未満の場合には、老齢厚生年金と遺族厚生年金のどちらか高い方を選ぶことになります。
 

そして65歳以上の場合には、自分の基礎年金+(遺族厚生年金-自分の厚生年金)が貰えます。
 

※遺族厚生年金は、サラリーマンや公務員等など、厚生年金加入者が亡くなった時、その妻(夫)や子に対して 支給されます。
 

遺族年金を含めた妻が貰えるおおよその額は?

一番知りたい妻の一人老後にもらえる「おおよその金額」としては、サラリーマンの妻で、国民年金に加入していた第三号被保険者(専業主婦)場合、満額は約6.5万円/月となり、
 

夫の遺族年金を足しても月に10万円~12万円程度
 

しか受け取れないようです。
 

残された妻は限られた老後資金の中で、長い間暮らし続けなければなりません。
 

もしも旦那様との年の差が10歳あるご夫婦でしたら、その年金受取額での高齢の妻の一人暮らしは、何と15年近くにもなります。(←私です・・)
 

生活費は一人暮らしでも二人暮らしでも光熱費などは変わら無い為、殆ど大差が無くなりますので、女性の平均寿命が88歳という事、インフレのリスク、を考えると、旦那様に先立たれた国民年金第三号被保険者の奥さまの老後は、かなり厳しくなる事が予想されます。
 

【参考】

■「死別後に1000万円」

現在65歳以上で遺族厚生年金を受け取っている女性は「自身の老齢基礎年金が月4万~5万円、夫の遺族年金を7万円程度受給している人が多い」と話すのは社会保険労務士の井戸美枝氏。1カ月の公的年金収入は12万円程度の人が多いという。では、支出となる生活費はどの程度必要だろうか。
 

総務省の家計調査によると、60歳以上の女性の単身世帯の1カ月の支出平均額は約15万1000円。約12万円の年金よりも多く、毎月約3万円が不足する。日々の生活費だけで年約36万円、65歳で夫を亡くして年金を受け取り始め90歳まで生きるとすれば、約900万円が不足する計算。
 

「夫の死後、一人になった時の生活費として1000万円程度を用意する必要がある」
(井戸氏)という。

 

引用:日本経済新聞 遺族年金いくらもらえる 妻の老後に備える第一歩から
 

老後医療費の自己負担についての心配

夫婦二人分の老後資金を貯めるのだって大変なのに、妻は(私は。泣)夫に先立たれた後の、一人での生活費として1000万円程度用意しなければならないだなんて、それだけでも不安ですが。。
 

まずは一番大きな不安要素として医療費もでてきますね。
 

老後の生活が苦しい中、旦那様が具合が悪くなったり、先立たれた後、自分の病院代がかさんだら。。という心配です。
 

老後資金は、医療費で消えてしまわないでしょうか?そこも考えるために公的保険を見てみましょう。
 

国の公的保険などでカバーできるものは?

公的保険を始めとした国の制度では、個人の医療費を大きくカバーできる制度があります。
 

高額な医療費がかかった時には、高額療養費制度 
介護が必要になった時には、介護保険
障害を負った場合には、障害者年金 
 

ただ、高額療養費制度も介護保険料も値上がりしている現実は、この記事の始めに挙げた通りです。
 

また、障害者年金に関しては、国民年金も厚生年金も
 

・年金加入中。
・障害を負ったことに関する初診日が年金加入中。

 

であった場合が支給要件となっています。
 

この障害者年金は、実は、一度支払われれば、その後も引き続き受給出来ますが、上記に該当しない場合で、65歳を過ぎてから障害状態になった時には、例え障害状態になったとしても障害者年金は貰えないのです。
 

障害年金 日本年金機構もご参照ください)
 

また障害者手当も65歳を過ぎると、新規の申請が出来ないようです。
 

障害状態にならないで済むのが一番良いですが、人に寄り、例え同じ障害であったとしても、障害状態になった傷病に関する日の違いに寄り、その後の金銭面の違いが出てきてしまいます。
 

なので、いざと言うときに支給してもらえる対象になる可能性を残しておくためにも、年金加入中に健康診断を受けておく のも大事です。
 

詳しくは下記にも記載しています。
定年退職前に必ず することは?これで将来の年金額が変わる可能性あり!
 

老後の介護費用についての心配

介護に関しては、公的介護保険があります。
 

ただ公的介護保険にて、例えば賄えたとしても、遠距離介護を含め子供たちや身内に金銭的な負担をかける訳には行きません。
 

遠距離介護についての節約はこちらにまとめています。
遠距離介護の交通費を安くする!航空券や新幹線のお金。割引まとめ
 

自分である程度の貯蓄は用意しておかないとなりません。
 

この介護にかかる費用は、命ある限り続く費用となるため、かかる年数も人それぞれ違いますし、金額についても世の中には色々な意見があります。
 

人に寄り、物事の「要・不要」の価値観は全く異なりますし、それは、「生き方」の問題でもあります。介護の費用・金額には「おおよそ」というものはないのかもしれません。
 

なので「介護保険で全部足りる!」と言う人もいますし、数百万と言う人もいますし、1000万を超える!と言う人もいます。
 

結局の所、介護に関する費用にも回せるように、とにかく貯蓄しておく、ということに尽きます。
 

主婦の老後不安を無くす対策

ということで・・当然ではありますが、私達は、なんとかして老後資金の対策を考えておかなければなりません。
 

そこで考えられること、できること、を挙げていきたいと思います。
 

1.国民年金の割引 一括前払い

国民年金は、2年度分の保険料を口座振替で前納することが出来ます。毎年2月末までに2年前納を希望をし口座振替の申し込みすると、2年間分で約1か月程度の割引になっています。
 

平成29年4月からはクレジットカードでの支払いも出来るようになっています。
 

その場合、2年分の国民年金だと40万円近くになりますので、その分のポイントが付くとなると、かなりお得です。
 

実際の支払金額は口座振替の方がクレジットカードよりもお安くなるようですが、ポイント還元と差し引きをすると、クレジットカード払いの方がお安くなるようです。
 

6ヶ月前納、1年前納でもクレジットカード払いは出来ます。
 

2.国民年金の割引 前払い

国民年金の支払いには「早割」もあります。
 

これは口座振替の場合のみですが、通常、国民年金保険料の納付期限は翌月末の所、引き落とし日を当月末の設定にする。
 

そうすると毎月50円の割引が受けられます。小さな節約ですが、手間もかからない節約となります。
 

3.国民年金の付加年金

定期保険料に毎月400円の付加保険料を納付すると、年に、付加保険料納付月数×200円の年金が増えます。少額に思えますが、年金をもらい始めて2年で元が取れますので、かなりお得な年金オプションとなります。
 

付加保険料にも前納の割引がありますので、お得に年金を増やせます。
 

4.確定拠出年金に加入

2017年~専業主婦も個人型確定拠出年金に加入出来ます。
 

確定拠出年金が、老後破産を防ぐ!
 

確定拠出年金の良い所は、
 

・掛け金の全額が所得控除されます。非課税です。
・積立金の運用益も全額が非課税です。
・受け取り時にかかる税金も控除の対象です。
 

その為、税金を安く抑えることが出来ますので、国が力を入れている最強の年金制度と言われています。
 

国民年金だけでは老後はお金が足りません。大変ではありますが、これからの老後は、自助努力が必要な時代です。加入者枠が広がった今から、加入しておくと安心と思います。
 

私も確定拠出年金の申込書の請求をしました。
 

専業主婦の確定拠出年金
 

書類請求画面では、それぞれの方に合わせた予想額が、表示されますが、50近い私の場合、今の年齢から60歳まで利率5%でかけると、総額400万円を超えるようです。
 

まずは口座開設するだけでも、確定拠出年金を今からかけた場合、一体いくら位になるのか?それが分かりますよ。楽天証券口座開設は無料です。口座管理手数料も無料です。
 

楽天口座も、普通の銀行口座と同じで、口座を開設したからといって、お金を入れる必要はありません。
 

確定拠出年金に加入する場合には、楽天口座開設後に別途手続きをすることになりますので、まずは口座だけ開設して準備しておくのはお勧めです。
 

楽天証券 口座開設・資料請求はこちら
 

確定拠出年金 毎月の掛け金が払えない心配

尚、掛け金の口座振替が出来なかった場合は、その月の掛け金はなかったものとして扱われます。掛け金の追納はできません。
 

↑それは良いですよね。月の支出が苦しい時は、掛け金を払わなくて済む訳ですから。私も無理なく支払いを続けています。
 

追記:2018年1月 私の確定拠出年金 その後

2017年6月から 楽天証券で確定拠出年金を始めて7か月目。
 

毎月23000円ずつ、ぽちぽち積み立てていますが、今は利回り20%を超えています。(もちろん利回りは上がり下がりしますので、現時点での話です)
 

確定拠出年金 資産推移
 

黒い線が積み立てた金額までの線。そこから飛び出た棒グラフが利益となっている分です。 

確定拠出年金
 

5.リバースモーゲージなど

自宅を担保に入れて、月額の生活費を貰う年金制度の一つ「リバースーゲージ」があります。ただ各種銀行がお金を貸し出してくれますが、ある程度の制限があります。
 

また、最近、元ヤクルトスワローズの古田選手がCMで宣伝している ↓
 

企業が始めた、自宅を売却してから月額で生活費を貰う方法 「ハウス・リースバック」というものも登場しています。
 

詳しくは、当サイト内
老後の為に持ち家を現金化する方法 リバースモーゲージとは?
 

6.投資

国債や株など、増える可能性のあるものを購入。ただリスクもありますが。
 

私も確定拠出年金の口座を開設している楽天で少しばかりですが、NISAを使って投資しています。
 

楽天証券 口座開設・資料請求はこちら
 

7.老後に関するセミナーに参加

老後のお金に関しての講座を受講するのも簡単に漏れなく情報を得ることが出来、お勧めです。
 

私が参加した中では、定年後設計スクール 無料体験会が良かったです。
 

老後のお金・年金・仕事・介護・保険・投資・相続・生き方など等、知りたい情報が満載の体験講座、たっぷり4時間。
 

一つ一つ自分一人で勉強するには時間もかかりますし。間違いもあるかもしれません。それに対して、まとめて老後の隅々までの不安を解消できる講座は、時間もかからず一度に沢山の正しい知恵を知ることが出来ます。
 

老後の準備は、早く始めれば早く始めるほどお金も貯まりますから、正しい知識でスタートしたいものです。参加して良かった講座の一つでしたので、受講した感想は、下記でも記事にしています。
 

定年後の資産運用&お金がない!老後暮らせない!を4時間で解決 
 

8.民間の個人年金保険を検討

あまり知られていないものに、終身年金保険と言うものもあります。
 

個人年金には確定年金と終身年金と言うものがあり、よく保険会社で勧められるのは確定年金です。以下、違いを見てみると、
 

確定年金保険とは?

●良い点:
決まった期間のみは確実に年金が貰えるタイプ。万が一死亡しても 約束された期間の年金は、遺族が受け取れます。
 

●悪い点:
毎月支払いをしてコツコツと積み立てても、受給時には、貨幣価値がぐんと落ちている可能性があります。
 

※インフレ目標が現在2%と言われているので、30年後には今現在25万円の物が45万円になってしまいます。
 

終身年金保険とは?

●良い点:
生きている限り年金を受け取ることができます。長生きによる破産のリスクに適した年金タイプ。
 

●悪い点:
年金受給後、早期に死亡してしまった場合には、支払い済の保険料よりも受給できる年金合計額は少なくなります。また、終身型の為、保険料が高くなります。
 

終身年金における2つのタイプ

その終身年金には、「定額型」と「逓増型」があります。
 

●定額型は、一定の金額で支給されるタイプの年金。
●逓増型は、保険金額が一定金額、若しくは一定の割合で増加していくタイプの年金。長生きするほど年々受け取りが額が増えていき、インフレのリスクと長生きのリスク両方に強い年金です。
 

この辺は、保険料と保障との兼ね合いになりますので、ファイナンシャルプランナーなどの保険相談を受けると希望にあった保険商品が見つかると思います。
 

保険相談の受け方は下記より記載しています。
 

9.民間保険料を安く!保険商品の情報を集め比較検討

一生のうちのお買い物で、住宅の次に高いと言われる保険。老後は子供たちのための保障も要らないので、保険料をスリムにする事が出来ます。そして、必要な保障を手厚くしておきたいものです。
 

日本人は保険が苦手なので、ついつい保険のセールス員さんに言われるがままに加入していて、要らぬ保障が沢山ついている事に気付かないことがあります。
 

この保険会社主導の保険加入状況に関しては、金融庁も警鐘を鳴らしていて、2017年6月と2018年4月にはNHK現代でも特集されました。
 

関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!
 

老後のための保険の見直しについて

現在加入中の民間保険の内容が、しっかりと分かって居なかったら、その保険は恐らく保険やさんが勝手に組んでくれたセット保険だと思われます。
 

家庭の事情が分からない他人である保険担当者が組んだその「セット保険」には高額な保障がついていたり、いらない特約がてんこ盛りについていたりします。
 

でも実際には、保険って、ハンバーガーやさんで「あれとこれ!」と選べるように、保障内容も金額も自分でカスタマイズできるんです。それなのに「保険やさんが」保障額などを決めていませんでしたか?
 

今現在の保険の内容を理解する為にも、そして今後の不要な保険料支払いを減らすためにも、過不足なく自分に合った保険加入の為に。一度、老後に備えて、現在の保険の見直すことは、とても大切です。今後の保険料の積み重ねで、後に大きな差額となるので、老後資金に深く関わってきます。
 

ただ、保険相談窓口比較 にも詳しく書いていますが、現在の保険やさんに相談するのはおすすめできません。「保険の転換」という=月の支払い保険料が下がっても、実際の支払い保険料は変わっていない、という罠にかかります。
 

なので、老後のための保険の見直しをする時には、最近TVCMでもよくみる保険相談の窓口に行くのがベストです。
 

保険オタクと言えるワタシは、数々の保険相談に行きましたが、保険見直し本舗 は、来店型の保険相談も、訪問型の保険相談サービスもあるので、自分の好きな相談形態が選べるのが便利です。暑い時期も寒い時期も、腰が痛くても、ひざが痛くても(^^; 好きな所で相談できます。
 

必要があれば、保険の提案があるかもしれませんが、その時にはじめて、保険見直しについて検討すれば良いのではないでしょうか。
 

まずは現在の加入内容に関して、しっかりと把握することが、老後を迎えるにあたり、必ず必要だと思います。がん保険なども、治療技術の進歩に合わせた保険が登場しています。古いタイプの保険のまま見直さないでいると、いざ入院だ!手術だ!となった時に、保険金支払いの対象外になってしまいます。
 

そんな体験をしたのは、私の父と母・・→ 失敗した.見直ししない悪夢【父母が大損の実話】 とても悔しい思いをしました・・。
 

保険相談は、その時に何か決めるものではなくて「持ち帰って検討する」もの。なのでまずは話だけ聞きに申し込みをするのは、何の問題もありません。
 

保険料はお誕生日ごとにあがるものが多いので、なるべく早めに、保険相談の申し込みはしてみてくださいね。
 

保険の見直しは↓
おすすめ関連サイト保険見直し本舗
 

私は主人と10歳も年が離れているので、一人の老後は長いかもしれません。不安に駆られて、この記事をまとめました。私もがんばります!
 

専業主婦の年金受取額ほか 身を守る総まとめ

1.国民年金は一括前払い・早割を利用する
 

2.確定拠出年金を始める

※私も加入している 楽天証券 は、
口座開設も、口座管理手数料も無料なのでお勧めです。
 

3.リバースモーゲージ・ハウスリースバック

 いざと言うときの為に知っておく。
 

4.NISAなどで投資をする

※私も加入している 楽天証券 は、
口座開設も、口座管理手数料も無料なのでお勧めです。
 

5.老後に関するセミナーを受講する

定年後設計スクール 無料体験会
 

6.民間保険(年金・医療保険)を見直す

保険見直し本舗

 

しっかり準備して、健康に幸せな未来を送りましょ~♪
 

※「定年後の保険はどうする?」については、下記でもまとめています。
関連記事老後 定年退職後の保険見直し 総まとめ。がん保険など選び方6点
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態を確認したい

お悩み解決
ご加入中の保険の内容を確認してくださいね。NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕でした。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あります。解決策は?
・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 
・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

保険料を減らしたい

お悩み解決
保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。その解決策は?
保険相談7社 体験比較 口コミ


退職前の準備を確認したい

お悩み解決
老後の年金額や保険料が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項を記事でまとめています。
定年退職前の準備。必ずやっておくことをまとめてます。
老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険の選び方


確定拠出年金を考えたい

お悩み解決
公的年金の不安から、個人型確定拠出年金の加入者は2018年8月には100万人を突破する見込みである事が、2018年8月に報道されました。私も加入しているので、複数の記事を書いています。
確定拠出年金カテゴリー


老後移住したい 移住先の国内・海外・リゾート地 記事3選

老後の住まい 介護リフォーム

お悩み解決
老後の移住情報あつめましたよ。国内移住の成功と失敗や、一番人気のマレーシア移住の実態。年金で暮らせるのか?そして軽井沢、安曇野、ハウステンボスなどリゾート移住のお話です。
人気の老後移住先!住みやすいのは?
人気のマレーシア 海外老後移住の現実
定年後、リゾート地に移住したい