老後 保険の見直しまとめ

国民健康保険料も民間保険料も上がる?!
いろいろ放ってはおけないお話が飛び込んできました。。

①2018年の4月から 国民健康保険の財政運営は
市町村から都道府県に移管されるそうです。

都道府県から市町村に「標準保険料率」が示されたり
「保険料納付100%」を義務付けたりする事で
市町村に圧力がかかり
国民健康保険料が値上がりする恐れがある。

書籍 今なら間に合う 脱・貧困老後 の中で、
社会保障に詳しい立命館大学 唐鎌教授が
述べています。

さらに、国保が値上がりしそうなのに、

②この春から 民間の保険料も、一部の保険会社で
大幅に値上がり
がりしているらしいです。

その上、値上がりだけでなく、

2017年6月28日のNHKクローズアップ現代 では
2016年に金融庁が出したあるレポートにおいて

お客さんが必要としていない高い手数料の商品を、
会社側の利益優先で勧めるケースがある

ことが明らかになったと言っています。

(値上がりの)背景には、
「マイナス金利のために、運用で利益があがらない」
保険会社の苦しい事情がある。さらに、
保険会社や販売代理店の利益のために、一部では
「顧客のニーズにあわない商品を勧める」ケースもある

ただでさえ 老後に不安 を抱いているのに、
いざと言うときの金銭や心の支えの保険料が
続々値上がりすると聞けば、これは見過ごせません。

番組では、どうすれば、
保険料を節約しつつ十分な安心を得られるのか、
「賢い保険の見直し術」が紹介されましたので、
当サイトでも今までに記事にしていたものに
リンクしながら 下記まとめていきたいと思います。

改善点を見つけ、老後資金を貯める為にも
ぜひ一度、若しくは再度、
ご家庭の保険を見直してみてください。

スポンサーリンク

賢く保険料を見直すには?

クローズアップ現代の番組タイトルは
「保険値上げで家計直撃!賢い見直し術とは」

何より気になるのは、保険会社の利益の為に
”一部では、「顧客のニーズにあわない商品を勧める」
ケースもあるという。”という部分。

支払って居る保険料が、自分の為では無く、
保険会社や保険の営業員さんの利益になるんでは、
納得がいきませんよね。

何年も素直に支払い続けた私達の保険料が、
いざ受け取る時には何の役にも立たなくなってしまったり、
不必要な支払いを続けることで大事なお金を沢山失ってしまう。

それを知り、気付き、心底後悔した過去の経験から
このブログでも  保険のカテゴリー
沢山の記事を書いています。

それでは、番組の内容に沿って
保険について考えていきましょう!
 

保険の見直し例

番組では保険を見直された方の紹介がありました。

【ケースその1】

相談者:

貯蓄型の生命保険に加入していたNさん。
途中で解約した際に戻ってくるお金が
この先28年間元本割れしている。

ファイナンシャルプランナーよりアドバイス:

保険と定期預金は商品が全然違うので 
保険で貯蓄はやめたほうが良い。
貯蓄をしたいなら、必要な時に自由に引き出せる
銀行などへの預金がお勧め。
貯蓄型の保険を解約してもいい とアドバイスされる。
新たに加入を勧められたのは、
掛け捨て型の就業不能保険(働けなくなるときの保障)。

 

【ケースその2】

相談者:

定年退職前の保険の見直ししたいというTさん

ファイナンシャルプランナーよりアドバイス:

まず指摘されたのが、死亡保障が付いた生命保険の見直し
子供さん達が大きくなり、もう大金を残す必要はないということで、
これまで支払った分の保障はキープしつつ、
新規の支払いは中止することを勧められる。

 
保険の見直しについては、人生の8つのタイミング
結婚・子供誕生の際 などがあります。
 

保険見直しの際のアドバイス

番組内では保険の見直しの際にポイントとして
下記が挙げられました。

1.一定の収入や貯蓄があれば、医療保険も、
必ずしも必要ではない
日本では、高額療養費制度 が充実しており、
ばく大な医療費がかかった場合も、負担が大幅に減るから。

 

2.「入院したときしか使えないとか、
所定の手術をしたときしか使えないようなお金にしていくよりは、
預貯金で自由にさせておくほうが良い可能性もある。
ただし、治療が何年も続く恐れのある、
がん対策の保険は、心配なら残した方が良いかもしれない。

 

見直しで保険料が安くなる

先ほどの番組内にて保険を見直ししたTさんが
生命保険と医療保険の支払いをやめると、

ひと月3万円以上のお金が浮き、
10年で400万円近く、預貯金に回せる計算になりました。

日本は、1人当たりの保険料の支払額が、
世界有数の保険大国といわれています。
ちょっと保険に入りすぎ という方も
多いかもしれないと言われています。
 

保険の種類

保険の種類は大きく分けて3つあります。

・死亡時などにお金が支払われる生命保険。
・事故や災害などの補償をする損害保険、
・医療保険やがん保険などの第3分野の保険。

この中で、4月に値上がりしたのは、

・生命保険の中の貯蓄型の終身死亡保険、
・老後の蓄えを積み立てる個人年金保険、
・子どもの教育資金に備える学資保険。

などだそうで、貯蓄型の保険ですね。

でも、低金利時代に貯蓄型の保険に入るのは
お勧めできないと言います。

人生に必要な保険 について再度見直してみる
必要がありそうですね。
 

優先度の高い保険は?

番組において、お二人の専門家の方が思う
優先度の高い保険とは?

●独立系のファイナンシャルプランナー 内藤真弓さん

・単身、夫婦2人の時は、病気やけがなどで
収入が途絶えた時のために就業不能保険(所得保障保険)

・子どもが生まれた場合、自分の死亡時に
まとまった金額を残せる掛け捨て型の死亡保険

・医療保険やがん保険については、
公的な 高額療養費制度 があることを念頭に置きつつ、
どのくらい貯蓄があるかなど、それぞれの事情に応じて検討するとよい。
まずは社会保障をないがしろにしないこと。民間の生命保険は、
それに上乗せという位置づけとして考える。

 

●保険アナリスト。金融庁で保険会社の経営分析などに携わった
植村さん

1・先の収入を保障するという保険
2.個人賠償責任保険 も有ると良い。
※例えば自転車事故で、誰かに、けがをさせてしまったとか、
損害賠償請求をされたときの備えの保険。
 

上手な保険の見直し方

さて、この記事の主題に戻りますね。

私たちが必要な保険に入るために、
そして保険会社や販売代理店の利益優先で、
「私達のニーズにあわない商品を勧められない為には
どうしたらよいでしょうか?

番組内にて、手数料が高い保険が売られているケースとして、
挙げられたのは、外貨建て保険でした。

外貨で運用する死亡保険を外国債券、
投資信託などと組み合わせた商品の場合、
仮にそれぞれをバラバラに買った時に比べて、
手数料が10%ほど高くなるケースがあるそうです。

また、それだけでなく、保険会社は、
窓口で保険を売ってくれる銀行や証券会社などに対して
新発売の商品など、たくさん売りたい商品の販売手数料を
上乗せするケースがあるというのです。

さらに、保険会社が勧める商品を売った販売員に対する
ご褒美として、旅行や賞品などを贈ることもあるそうで
そのような経費が、私たちの保険料アップにつながってしまうと
番組で放送されていました。

この点については、まさしく私も
無料セミナーで同じ経験 をしました。

一応、昨年 保険業法が変わり、
保険代理店、保険ショップとに対し、

お客さんの意向に反した保険を売ってはいけない、
意向に沿った形で勧めなさい

ということが求められる様なり、
監督する金融庁が直接、
販売会社、代理店を監督するようになったとは言います。

また、私が経験したような 悪質な所ばかりではないと思います。

ただ、やはり私たちは保険を購入する時には、
それが長く支払い続ける とても高額な商品である事を念頭に
じっくりと検討する必要がありますよね。

それに所詮、代理店は代理店。
そこは忘れないようにと番組内にて植村さんも
下記のように仰っています。

植村さん:規制は出来たけれども、代理店は代理店なんですね。
代理って、保険会社の代理なわけです。
ですので、まず、そこは押さえていただきたいなというふうに思います。
あとは、社会保障を皆さん入ってるわけですね、
健康保険とか、社会年金ですね。ですので、
それと加えて、どうしてこの商品勧めるんですか?というふうに
聞いてみるというのも、1つの手かなというふうに思います

植村さんと全く同じ事を、私も下記記事にて
書いています。保険の見直し前にはご参考にどうぞ♪

騙されていない?保険見直しで損しない注意点3つ!

まとめ

購入する側である私たちは、
勧められるままに保険を購入するのではなく
自分たちで保険を選び、購入する意思を持つことが、
なにより大切。

金融庁も警告を出した 私達の保険の加入状況。

私達の大切な老後資金を守るため、貯める為、
健康な生活を守るためには、
まず保険を見直すことは必須と思います!

実際に相談して保険商品を見直した
私の経験談を本音で下記まとめています。
宜しかったらご参考にどうぞ。

保険料の見直し節約!無料保険相談 選び方 7社 体験比較!

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

1.リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

2.匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

3.自宅がいくらで売れるか知りたい!

 不動産売却計画書 無料作成

4.住み替えについて情報・知識が欲しい!

  住み替え計画書 無料作成



スポンサーリンク