帰省割引

明治安田生活福祉研究所によると
全国で親などの介護をして居る人は
約600万人に上るそうです。

そのうち約1割が片道3時間以上の遠距離介護とのこと。

離れて住む家族の介護「遠距離介護」は、
交通費の負担が莫大となります。

節約しようと夜行バスなどを使う事もありますが、
そうなると移動時間が長く、心身ともに疲れ果ててしまいます。

少しでも安く、そして早く家族の元へと向かう為に、
公共交通機関の割引プランを活用したいものです。

 


新幹線の運賃割引サービス

JR東日本 お先にトクだ値

通常のインターネット割引 「えきねっとトクだ値」 
早く申し込むともっと安い「お先にトクだ値」があります。
 

・乗車日1カ月と1週間前~13日前までに予約。 
・乗車券+特急券が最大35%割引 
(北海道新幹線は40%割引) 
・最大6人まで  
 
えきねっとトクだ値 は こちら

 JR東海 IC早得(プラス)
 

・乗車日の1カ月~3日前までに予約
・東京・品川・新横浜~名古屋・京都
 新大阪間で適用。列車、席数限定。
・会員本人のみ購入可能
 
IC早得(プラス)は こちら

 

航空会社の介護割引サービス

日本航空(JAL)

・割引率は路線、時期などに寄り異なるが最大約41%割引 
・介護保険証や介護する側とされる側の戸籍商本等を提出の上登録。  
・「被介護者の二等親以内の親族」「配偶者の兄弟・姉妹の配偶者」 
 「子の配偶者の父母」に適用 
・有効期間は1年間(更新可能)利用制限期間無し、搭乗日時変更可。 
・最大4区間登録可能 
・通常の「早割」が買い保割引きより安くなる場合もある。
         
 
介護帰省割引 

 全日本空輸(ANA)

・割引率は路線、時期などに寄り異なる 
・「被介護者の二等親以内の親族」「配偶者の兄弟・姉妹の配偶者」 
 「子の配偶者の父母」に適用 
・有効期間は1年間(更新可能)利用制限期間無し、搭乗日時変更可。 
・最大5区間登録可能 
 
介護割引 

 スターフライヤー(SFJ)

・割引率は路線、時期などに寄り異なる 
・「被介護者の二等親以内の親族」「配偶者の兄弟・姉妹の配偶者」 
 「子の配偶者の父母」に適用 
・有効期間は1年間(更新可能)利用制限期間無し、搭乗日時変更可。 
 被介護者の搭乗時も割引。要介護認定期間終了後1か月迄有効(更新可能) 
・登録は1区間のみ 
 
介護割引運賃

 ソラシドエア(SNA)

・割引率は路線、時期などに寄り異なる 
・「被介護者の二等親以内の親族」「配偶者の兄弟・姉妹の配偶者」 
 「子の配偶者の父母」に適用 
・有効期間は1年間(更新可能)利用制限期間無し、搭乗日時変更可。 
 被介護者の搭乗時も割引。要介護認定期間終了後1か月迄有効(更新可能) 
・複数路線の登録可能 
 
介護特別割引