固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら

介護見守り

介護施設に入るとなったとき、その費用が出せそうになかったら・・?

誰にでもやってくる老後。
そして介護に関しては、自分自身の事でもあり、
もしかすると子供に負担をかける可能性もあり。

予め考えておいたり、準備をしておきたいものですよね。

ここでは介護施設に入る費用の事や、
お金が無い時にはどうしたら良いのか?のお話です。
 



高齢者向け介護施設の種類と費用

高齢者向け介護施設には、どの様な種類があり
いくら位の費用がかかるのかというと・・
 
 

自治体が運営する特別養護老人ホームなど

居住費(光熱費など含む)標準額 個室59,000円/月
食費標準額 41,000円/月
介護保険サービス自己負担分
合計 7~17万円位
※居住費・食費は所得に応じた減額制度あり

 


・有料老人ホーム
・賃貸形式サービス付き高齢者向け住宅

★入居時一時金などを支払う事もある(100万~数千万円等)。
居住費・食費など
介護保険サービス自己負担分

 

自治体が運営する介護保険施設の場合には、
居住費や食費が国に寄って標準的な額が提示されていますが、
民間の有料老人ホームなどでは
家賃も入居費もさまざまになります。

ただ、自治体の費用のなるべくかからない
特別養護老人ホームを望む方が多い為、
それらの入居待ちが増加しています。
 

介護施設に入るお金が無い!どうすれば?!

介護にかかる費用は、親御さんに自分で出してもらうのが基本ですが、
お金が無い場合もあるかもしれません。

そうなると、子供が金銭的に負担になるという話が
良く聞かれます。

そこで、介護にかかる費用を下げる為には下記のようなものもあります。

 
ただ、介護施設への入居待ちの間にかさむ費用や
介護施設に入るためのお金が無かった時には
どうしたら良いでしょう?

・市役所に相談する。
・地域の地域包括支援センターに相談する
・介護認定を受けていたら、ケアマネージャーさんに相談する。

 

自分でも出来る限りの費用を捻出しながら
様々な制度を利用していきましょう。

 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。
老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。
我が家は何百万もこれで消えてしまったのです。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢

・保険見直しの時期:安くなる!保険見直しのコツ全解説!


1.老後資金 検討 お金を増やす方法 3つ

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。
必要は保障は人生の節目で変わりますので
定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.年金を増やす

年金を増やす自助努力として確定拠出年金があります。
2017年から加入者枠が広がりました。
私も即刻加入し、毎月積み立てています。
加入が早い程、資金は貯まりますよ。

確定拠出年金に加入する



3.働き方を変える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。
制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!