カンタンに光熱費が安くなる【家電の買い時と商品・ガス水道代節約】

簡単光熱費の節約

8~9月は、様々な家電製品の型落ち製品として安くなる時期です。家電製品の多くは、約1年毎に新商品が発売されますが、販売から1年以上経過すると、価格が かなり下がります。買い替え検討のご参考にどうぞ。

 

結婚や引越しなどで一度に購入した家電が、気付けば 同時期に次々と壊れ始める。けれど、あれもこれも新品を!と欲しいがままに買えば、費用がかさむ。
 

電化製品が調子悪くなった時、買い替えた方がいいのか?
本格的に壊れるまで買い替えない方がいいのか?
 

どちらが節約になるか?悩むときに「お助けとなる情報」。
また 年間5万円以上ガス代が安くなる可能性(実績9万件)の比較検討法など必見です。
 

その1 家電の買い替えで 節約
その2 ガス会社・電気会社の変更で 節約
その3 電気代水道代を 自分でコツコツ 節約
 

について、下記よりまとめています。このページを保存すると あなたのお役に立てます!
 



買い替えで電気代を節約 お得はどっち?

最近の電化製品の省エネタイプは、旧製品の1.5倍~2.3倍もエネルギー効率が良くなって居ます。電気代も10年前の約半分と言われています。とはいえ、新しいものを買い代えるときに、二の足を踏んでしまうのは、誰もにとっても当然の心理。
 

我が家の冷蔵庫も、野菜室の扉の締まり具合が悪くなり、よもや買い替えか!と焦ったことがあります。その後、回復。しかし今度は冷凍庫が冷えなくなりました。それから暫くすると、全ての機能が停止しました。
 

冷蔵庫は、まだまだ大丈夫とタカをくくっていると、ある日突然、全機能が壊れます。その時 慌てて電気屋に走っても、納品される日まで1週間待つことも多々あります。
 

家電は壊れると日常生活がマヒします。早め早めに対策することは必須です。
 

話を戻しますね。
あの時に、新しい冷蔵庫を買った方が、光熱費が安くなり節約となったのか?それとも使えるものはそのまま使用したことが節約になったのか?
 

そんな買い替え時期・電化製品の買い時に悩む際には、環境省のサイトがとても便利です。
 

家電の光熱費節約になる 買い時は?

●環境省のサイト
省エネ製品買換ナビゲーション しんきゅうさん
 

さて、我が家の冷蔵庫の買い替えの可能性も考え、試しに、先のサイトで分かる範囲(今回は適当にですが)どれだけ安くなるのかを見てみました。
 

家電 冷蔵庫の買換え比較
 

便利ですね。こんなふうに「設置条件」から検討比較が出来ます。
 

現在の冷蔵庫の状態と、何と「今検討中の冷蔵庫のメーカーと型番」まで入力して、比較検討してくれます。
 

我が家はまだ、購入するメーカーも型番も決まって居ないので、「わからない」などを選択して入力をしていきましたが
 

家電買換え どれだけお得か
 

それでも、こんなにバッチリと比較されて出てきました。
 

その他、この環境省のサイト「しんきゅうさん」では、エアコン、テレビ、蛍光灯照明、温水洗浄便座の比較が出来ます。
 

これで買い時がいつか?自信が持てますね。
 

電化製品が壊れることは、出費には違いないですが、家計費も大きく削れることを「しんきゅうさん」のサイトで確認できれば、納得できます。また最新の電化製品には 子供たちにより良い未来を作ってあげられる 地球温暖化対策にも貢献できます。
 

また最初にお話ししたように、家電製品の多くは、約1年毎に新商品が発売されます。販売から1年以上経過すると、価格が かなり下がります。8~9月は様々な型落ち家電が出る時期です。
 

テレビを始め、空気清浄機、掃除機、そしてキッチン家電の冷蔵庫。レンジ、炊飯器など 前年度新商品として発売された家電=型落ち家電が狙い目です。
 

時期的にも安い季節があります。どこのお宅にも訪れる、恐怖の 「10年ごとの電化製品続々壊れるシーズン」 を 計画的にお得に乗り越えましょう。
 

電気・ガス会社の変更で節約する

光熱費はバカになりません。しかし自分で節約して削ろうと思っても、思いのほか減らない支出でもあります。一番簡単に節約するためには、会社自体を代えれば簡単です。
 

その際、どこが一番安いのか?検討するのは面倒よ!という場合には、下記を利用します。
 

プロパンガスは 3つの窓口全てで見積もり可能です。
都市ガスは、一番下の「ガスチョイス」で見積もり可能です。
 

ガス屋の窓口

プロパンガス料金が高い
 

「ガス屋の窓口」は、グループ全体で100000件のガス会社変更実績。業界最大級。
最良条件の優良ガス会社を案内。
WEB上でプロパンガス料金の診断・一括見積を行えます。ガス会社を変更するだけで最大で年間50,000円以上もガス料金節約。ガス料金が安くなります」
 

重要いいねポイントここ重要

『 カンタン&無料 』で2年縛りなど契約の縛りも無し!
ガス屋の窓口には料金監視保証(永久保証)があります。
だから契約後に値上げるなんてこともありません。心配いりません。。
ガス会社変更が「一切無料」で、面倒な手続きも代行してもらえます。
 

問い合わせはネット上を利用してくださいね。記録が残るので安心です。

関連サイト プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】
 

エネピ

enepi独自の厳正な審査に通過した信頼できるガス会社を紹介。
現ガス会社と新ガス会社の交渉・調整はenepiが対応してくれます。
 

重要いいねポイントここ重要!
違約金を取らない。料金を明確にしている業者を厳選。
 

1か月に20m”を使用した場合 地域や設備などにより料金が異なりますが
毎月7400円 年間88800円も安くなる可能性あり。
 

問い合わせはネット上を利用してくださいね。記録が残るので安心です。

1番安いプロパンガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】
 

ガスチョイス

こちらも新ガス会社を選ぶまでの見積もりや面倒な交渉も、ガスチョイスが全部代行
してくれます。また、都市ガスも見積もりできます。
 

複数社の見積もりを取らないと、大概「うちが一番安いですよ」という適当な言葉で営業されてしまいます。ネットからカンタンに 複数社の見積もりを取ることが出来ることを知らない場合、その言葉に騙されてしまいます。
 

安くなるなら・・と簡単に契約するのは勿体ないです。今後ずっと毎月支払う固定費になるので、少しでも安い契約にするべきです。
 

プロパンガスは勿論ですが、都市ガスの見積もりが出来るのは ココこだけです。一度見積もり依頼をしておくと、その後の日々のカンタン節約につながります。
 

重要いいねポイント11月30日までキャンペーンで最大30000円キャッシュバック。
 

問い合わせはネット上を利用してくださいね。記録が残るので安心です。

WEBからの指定の条件でお申込みで最大30000円キャッシュバック!【ガスチョイス】
 

電気代 水道代を 自分でコツコツ節約

電力比較サイト エネチェンジ
 

郵便番号を入れれば、お住まいの地域のお勧めが出てきます。自分であちらこちらから資料を集めて見比べるのは結構面倒くさい私の様な方におすすめです。ネットで、パパッと最安値を調べることが出来ますので、お試しくださいね。
 

電力比較サイト エネチェンジ 
 

エアコン 節電術

夏の電気代節約
 

電気代のうち、58%をエアコンが占めています。なので、エアコンを節約すれば、電気代の総額が下げられます。
 

エアコンを使うときの節電法2つ
 

その1:風向きはなるべく上向きで

 

冷たい空気は下に溜まるという性質があるので、風向きを下にして居ると、冷たい空気が下に溜まり、冷気が上に届きません。その分、電気代がかかってしまいます。
 

風向きを上にすると、冷たい電気が部屋を循環し、効率よく冷えて部屋全体が冷たくなります。よって、電気代が安くなります!
 

エアコンを使うときには、風向きは上向き!にすると節約になります。
 

その2:エアコンはこまめに消すより点けっぱなしも良し

 

夏の日中につけっぱなしにしたエアコンと、30分間隔で付けたり消したりこまめに消したのでは、どちらが電気代が安くなるかを空調メーカーダイキンが調べました。
 

午前9時~6時までの9時間に30分間隔でこまめに消してみた所、消費電力は3.6KW。つけっぱなしにした場合には、3.3KW。
 

電気代にすると、夏の期間では、つけっぱなしにする方が 「907円の節電になる」 という結果となりました。
 

エアコンは基本的に、運転を始めた直後の室内温度と、設定温度の差が大きい時に電力がかかります。
 

エアコンを消している間は電気代がかかりませんが、夏の日中だと、その間 室内の温度が上がってしまって起動時の消費電力量が大きくなると考えられます。
 

なので、夏の暑い日などに30分程度の外出ならば、つけっぱなしにしておいた方が、帰ってきた時も涼しくて電気代もかからないそうです。
 

※ただ、夕方6時~深夜11時までのデータにおいては、こまめに消すよりも、つけっぱなしの方が電気代が高くなったという実験結果がでているようです。時間帯や環境に寄っても、大きく左右されるのでその辺は気を付けた方が良いそうです。
 

電気代(テレビ)節約術 昔と今

10年前に比べて、テレビは電気代が半分以下になっています。
 

10年前の2006年には、1年間4347円 だったテレビの電気代も、2015年では、1年間1512円 となり、「65%=2835円」の省エネになっています。
 

理由としては、LEDバックライト搭載が主流になってきたことと、待機電力も1W以下など、全く待機電力がかからないものが増えたから。
 

なので、昔に流行った「使わない時はコンセントを抜いておく」等の節電方法は、今の時代のテレビでは必要ない事が多いそうですよ。
 

エアコンは家庭で一番電気代がかかるということで、各メーカーが開発をすすめ省エネ化に成功しています。
 

なので、1995年 40284円だったエアコンの電気代も、2006年型では、23814円に。2016年型では、22032円になっています。
 

より新しい家電の方が節電になる事が多々あります。
 

なので、環境省のサイト「省エネ製品買換ナビゲーション しんきゅうさん」で調べ、買い替えをすることでで電気代を安くする事も可能です。
 

水道代を節約する

水道代も気になる所。我が家は皆お風呂に入る時間が異なる為、どうしても水道代もかさんでいきます。
 

平成24年度の一般家庭水使用目的別実態調査では、
水道代 

になっています。水道代の節約においては
 

・節水シャワーヘッドを使う
・食器洗いを手洗いから食洗器に変える
 

など地道なものが多いですが、例えば旧式のトイレを使用している場合には、現代のトイレは、一回流すための水量が大幅に少なくなっています。
 

TOTOのデータでは、1994年製のもので10L近く必要だった洗浄水量が、2012年製のものでは3.8Lの水量になっているようです。
 

古いトイレは 新しく買い替えるだけで、無理なく無意識のうちに水道料金も節約 できそうです。
 

節約は家族の協力も必要ですが、なかなか上手くいかないもの。とにかく意識せずに節約できる方法を利用して、大きく節約いきたいですね。