固定費節約のカギ:保険料の見直し 保険相談7社比較 こちら

介護見守り

介護施設に入るとなったとき、その費用が出せそうになかったら・・?

誰にでもやってくる老後。
そして介護に関しては、自分自身の事でもあり、
もしかすると子供に負担をかける可能性もあり。

予め考えておいたり、準備をしておきたいものですよね。

ここでは介護施設に入る費用の事や、
お金が無い時にはどうしたら良いのか?のお話です。
 

スポンサーリンク

高齢者向け介護施設の種類と費用

高齢者向け介護施設には、どの様な種類があり
いくら位の費用がかかるのかというと・・
 
 

自治体が運営する特別養護老人ホームなど

居住費(光熱費など含む)標準額 個室59,000円/月
食費標準額 41,000円/月
介護保険サービス自己負担分
合計 7~17万円位
※居住費・食費は所得に応じた減額制度あり

 


・有料老人ホーム
・賃貸形式サービス付き高齢者向け住宅

★入居時一時金などを支払う事もある(100万~数千万円等)。
居住費・食費など
介護保険サービス自己負担分

 

自治体が運営する介護保険施設の場合には、
居住費や食費が国に寄って標準的な額が提示されていますが、
民間の有料老人ホームなどでは
家賃も入居費もさまざまになります。

ただ、自治体の費用のなるべくかからない
特別養護老人ホームを望む方が多い為、
それらの入居待ちが増加しています。
 

介護施設に入るお金が無い!どうすれば?!

介護にかかる費用は、親御さんに自分で出してもらうのが基本ですが、
お金が無い場合もあるかもしれません。

そうなると、子供が金銭的に負担になるという話が
良く聞かれます。

そこで、介護にかかる費用を下げる為には下記のようなものもあります。

 
ただ、介護施設への入居待ちの間にかさむ費用や
介護施設に入るためのお金が無かった時には
どうしたら良いでしょう?

・市役所に相談する。
・地域の地域包括支援センターに相談する
・介護認定を受けていたら、ケアマネージャーさんに相談する。

 

自分でも出来る限りの費用を捻出しながら
様々な制度を利用していきましょう。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 匿名で見積りできるのは良いですよね~♪
 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


スポンサーリンク