50代に入ると、子供が大学に入学したり、
または卒業したりと、急に出費が増えるご家庭もある一方、
支出が減るご家庭もあります。

我が家の場合は、今年、一人が社会人になり、
一人が大学に入学です。

就職すれば、一人分の学費も食費も無くなりますので、
その分をそっくり貯蓄に回せる筈ですが。。。

さて、50代からどの様に、貯蓄していくかを調べてみました。

スポンサーリンク

夫婦二人の年金収入の額はいくら?

会社員の夫のいる夫婦二人の年金収入は
月二人合計で20万円程度 と言われています。

会社員の場合、役職定年 などで、収入が少しずつ減少してしまう可能性も
ありますが、退職金と、継続雇用制度 を利用するなどして
出来る限り長く働くことが出来ます。
公的年金は繰り下げ受給をすると手取り額が増えてきます。

一方、自営業のご夫婦の場合には、
月二人合計で13万円程度 と言われています。

ただ、ここ「年金が減額されずに働く方法」に書いたように
自営業の場合には定年がないので、
出来る限り長く働くことができます。加えて
公的年金は繰り下げ受給をすると手取り額が増えてきます。
 

老後の資金は足りない?

1.子供が学校を卒業すれば学費・教育費がぐんと減り、
その分を貯蓄に回せるとなると、
貯蓄していた額からの授業料の出費を除き、
月に5万円の教育費がかかって居た人では、
年間60万円が浮きます。

月2.5万円の教育費がかかって居た人だとしても
年間30万円が貯蓄できます。

それを10年間溜めたとして300万円貯まります。
 

2.その他、妻がパートに出て、毎月5万円を貯蓄に回せれば
年間60万円が貯まり、10年で600万。

 
結果として、例えば子の成長と共に、
月に2.5万円の教育費の削減+
パート代5万円を毎月貯蓄したとすると
10年で900万円が貯まる計算です。

そこに夫の退職金が加わります。

毎月の貯められる金額は人それぞれとなりますが、
ご自身の額で計算すると
50代から貯められるだいたいの老後資金が分かります。
 

老後資金はいくらあれば?

老後資金の 必要額 で調べているように
少なくとも1500万円位は貯めて
出来れば3000万円を目指したいものです。

経済評論家の荻原博子さんも
「会社員で65歳まで働き、住宅ローンを完済していれば
老後は1500万円で大丈夫」と言っています。

そこで、50歳から老後資金を貯める為には
私たちにとって、どの部分が足りないのかを見てみます。
 

足りない分のはどこ? その1

先の300万円を貯める部分=
月2.5万円の教育費の浮いた分+パート代5万円
合計月額 7.5万円の貯蓄
 

足りない分はどこ? その2

先の900万円が50歳代から10年間で貯められるとすれば
退職金で必要なのは、最低600万円です。

退職金が600万円以下になりそうな場合には、
その分も貯蓄として必要になりますので、
老後資金貯蓄計画の計算に入れまず。
 

足りない分はどこ? その3

住宅ローンが完済していない場合には、
その分も計算に入れます。

 

必要最低限の1500万円を貯める為に
あなたに足りない部分は、どの部分でしょうか?

住宅ローンが完済していない場合には、



ハウス・リースバックというものもあります。

 

チェック「老後資金の貯め方」7つのポイント まとめ

老後のお金を貯める為に、ひとつずつ対策したいこと。

金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い!↓

我が家は何百万これで消えた事か..
NHKクローズアップ現代 ご参考にどうぞ

保険相談 選び方

1.保険相談を積極的に受けてみる:保険相談7社 体験比較 口コミ

●確認しておきたい事↓

2.老後資金: 目標額を設定
3.住宅ローン:支払いを終える。投資よりローン返済がお得。効率が良い。
4.無駄な保険を排除:保険の見直し
5.年金を増やす: 確定拠出年金に加入
6.貯金や年金受取額を増やす働き方:
  ・ パートの場合
  ・ 自営の場合
7.お金の使い方の習慣化:老後に備えたお金の使い方

●【その他考えられる節税・節約やお金を増やす方法】

・投資で増やす:50~65歳までに2000万円貯める
・節税:ふるさと納税をする
・節税:ブランド品はふるさと納税で買う
・日々の節約:日々の無理のない節約法まとめ
・医療費節約:スーパーフードで健康維持

老後の住まいつくり 準備Memo

リフォームや片付けの時の買取サービス

  貴金属や着物などなど買取サービス一覧

匿名で出来る!リフォーム費用見積り比較!

 匿名で見積りできるのは良いですよね~♪
 リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


スポンサーリンク