保険料の支払い

なんだかとても高い保険料。もっと保険料を安くする為に、私たちは保険の無駄を省きたいところですよね。
 

平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」(生命保険文化センター)によると、40代の保険料の平均は・・・
 

40代 保険料の総額はいくら?どのくらい?

世帯主が40歳代の家庭における生命保険の世帯年間払込保険料の全国平均では、40~44歳 平均41.0万円。45~49歳 平均44.2万円となっています。
 

勿論、ご家庭の人数や、健康の状態、収入など人に寄り異なりますので、平均はあくまでも平均であり、それが一番多い金額帯、という訳でも無いと思いますが、あなたのご家庭の年間平均保険料総額はいくらでしょうか?
 

40代主婦と50代世帯主 我が家の保険料の場合

ちなみに我が家は 保険の見直し相談に、何度も行き、実際に見直して居る家庭です。
 

ファイナンシャルプランナーさんには、いつも「必要な保険に加入し、余分な保険に加入していない」とお褒めの言葉を頂くほど、ギリギリのラインでの加入とも言えますが・・。我が家の年間保険料は下記です。
 

夫婦で22万円。+その他、子供の学校関連の保険として
・交通事故や天災・損害賠償の付いた年払い保険。数千円
・育英保険 3年~4年などの契約で一括3~4万円
合計家族で 年25万円程度です。
 

40代の家族の年間保険料総額平均よりは20万円程度安くなって居ます。
 

子供たちが大きくなればなるほど、死亡保障なども下げていく事が出来ますので、どこのお宅でも、随時、保険の見直しをしていけば、保険料も必然的にもっと安くなると思います。
 

保険料が安くなる 保険の見直しはいつする?

ただ、保険の見直しの際には、保険料が安くなれば良いという訳ではなく、もちろん必要なものを削る訳には行きませんよね。
 

大きな病気になった時には、保険は私達の命と生活を助けてくれます。充分に気を付けながら、元気なうちに保険料は検討していかなければなりません。
 

小西博之さんの腎臓がんからの生還

俳優の小西博之さんは、「腎臓がん史上5本の指に入る大きさの腫瘍」から奇跡の生還をされたそうです。
 

余命0日。そんな中受けた手術が成功。お医者様や看護師さんの温かい施しの中、それから5年。その腎臓がんは完治となったそうです。
「夢」を信じて完治にたどり着いた道のり
 

私の父親も、10年ほど前に腎臓がんを経験しています。今はやはり腎臓癌に関しては問題なく生活しています。
 

小西博之さんがおっしゃるように、がんは治る時代です。がんと言われても、心配のない時代となってきています。けれど、治療費はかかる。そこは命と引き換えになりますので減らすわけにはいかない。
 

だから、いざと言うときには、お金の心配なく治療が出来るように保険に加入しておきたいですよね。
 

人生における保険の見直し時期は下記にまとめていますが、
関連記事安くなる!保険見直しのコツ全解説!注意点や15のタイミング・時期
 

保険の見直しをした方が良いのは、実は決まった時期ばかりでもありません。私達は気付く機会が乏しいのですが、実は年々、率の良い新しい保険商品が沢山登場しています。
 

なので、そういう保険情報を探る為に、最近翌TVCMで見られる「相談相談窓口」は、利用すべきと思います。
 

我が家は、直近では主人の60歳の定年を前にして、保険料見直しをしましたが、その前の保険の見直しでは、「保険料の支払いが無ければ、支払い済保険料が(確か全額)戻ってくる保険」という商品を知りました。しかしながら悔しい事に、その保険の存在を時には主人の年齢は対象より上になっていたのです。
 

もう少し早く保険の情報を取りに行けばよかった・・と感じた出来事でした。
 

保険の無駄を省く!見直し時に気を付ける事

不要な保険料を減らしながら、病気に備えた手元のお金も貯めるのは難しいです。そして見直しは、面倒でついつい後回しにしてしまいがちかもしれません。保険の素人の私たちは、保険の検討を前にすると、悩んで立ち止まってしまいます。
 

やはり一人で模索しながら見直しするより、保険の窓口なり、ファイナンシャルプランナーなりで専門家に相談したほうが、沢山の情報を得ることも出来ます。
 

ただ一点気を付けたいのは、保険の見直しをする時に、担当者選びは気を付けることだと思います。
 

悲しい事に、私たち見直しをする人に寄り添うのではなく、販売手数料の高い保険を買わせる担当者に出会ってしまうこともあります。最近では、金融庁も警鐘を鳴らして居ると、NHKクローズアップ現代で特集がありましたが、何も知らないで保険を購入するのはリスクが大きいです。
 

関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!
 

その先何年も 払い続ける保険料ですから、しっかりと内容を把握したいですね。
 

毎月何年もの間支払い続ける保険料は、実はもの凄く高い買い物です。
 

例えば保険やさんがよく勧めてくる更新型の保険に入っていると、保険料は更新ごとに
どんどんとUPする事にお気付きでしょうか。
 

例えば旦那様が20000円弱、奥さまが8000円を30代の頃から毎月支払い10年更新型だとしたら。
 

最初の頃は月1万円台だったとしても、60歳を過ぎてくると月5万円を超え、下記の支払いになります。
 

30~40歳 16000円 ×12か月×10年=192万円
40~50歳 21000円 ×12か月×10年=252万円
50~60歳 34000円 ×12か月×10年=408万円
60~65歳 50000円 ×12か月× 5年=300万円
 

30歳ころから65歳まで保険をかけ続けると「総額1200万円弱」。
 

それって実際の所 現実的な金額ではありませんよね。※我が家の場合は、そのまま加入すると7万円台になる所でした。←勿論、気付いた時点で保険の見直しをしました。
 

それが旦那様の分ですから、奥さまの分も足すと、 二人で2000万円程の支払い総額となってしまいます。

(参考:保険のマンモス 得する家計&保険 はじめてガイドより)

 

↑当サイト:
老後資金が少ない!足りない悩み解消!節約無しでお金が貯まる保険の考え方より
 

保険料を安く まとめ

保険に加入する際には、保険やさんのお勧めをそのまま信じて購入するのはリスクがあります。私達の大切なお金を有効に使う為には、自分でしっかり保険の内容を見極めたいですね。
 

その為には、できればいくつかの保険見直し相談窓口に出かけ、見直しの提案を比較したいものです。私自身も、まるで趣味の様に、保険相談窓口をいくつも歩きまわりました。それで保険の知識も付きましたし、上手に見直しをしてこれたと思います。
 

保険相談窓口比較にも詳しく書いていますが、保険の見直しで一押しなのは、経験豊富なファイナンシャルプランナーと相談できる保険見直しラボ は良いと思います。
 

最大級の保険相談サービスなので全国の対応エリアも広いです。取扱保険会社も他サービスと比べてもトップクラスですし、何回でも無料で相談できます。
 

それから、保険の見直しを比較する際には、近所の窓口を検索できる検索サイト【LIFULL保険相談】が、調べやすいですし、相談申し込みがしやすいと思います。近所のスーパー店内などに多く店舗があるので、相談に行きやすく、ファイナンシャルプランナー相談と比べると気軽に相談できます。
 

一度見直せば、長い間に亘る大きな節約にもなります。まずは、どこかに相談に行ってみて、信頼できる担当者を見つけられれば安心ですね。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あり。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢


1.老後準備や資金 検討 

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.退職前の準備

年金額が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項です。

定年退職前の準備。必ずやっておくこと


必要な保険も見直す必要があります。

老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険商品の選び方



3.働き方を考える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!