老後破産

老後の為に、定年退職前後に生命保険の見直しは重要です。
 

様々な所で聞かれる 老後の保険「必要・不要論」
 

在宅医療保険等、新しい時代に応じた保険も登場し、悩んでしまうものではないでしょうか。そこで老後の保険の必要不要論をはじめ、保険の見直しの仕方、選び方、癌を始めとする三大疾病に対する備え、定年後の貯蓄対策など。定年前後に保険を見直す理由と方法をまとめています。
 



定年退職前後における生命保険見直し

若いころは、もしも一家の大黒柱に何かがあったら・・と高額な死亡保障を勧められます。
 

我が家も子供二人を抱え、それはそれは高額な死亡保障を付けていました。というより、付いていました。(勧められるまま加入したので自覚無し、です。)
 

でも、定年を迎えるころには、子供も大きくなり、学費の目途も経っているので、もう死亡保障は必要ない方が多いと思います。
 

お葬式代を保険で用意するという話も良くありますが、芸能人の様に、華やかな葬儀をするなら話は別ですが、最近はやりの「家族葬」で小さく済ませるつもりであれば、恐らくそのお葬式代くらいは、貯蓄から出せる額だと思います。
 

ということで、定年前後は、長生きのリスクを考え、不要な保険を外し、必要な保険に入る=「保険の見直し」が必要な最後の時期だと言えます。新規の保険を検討というような事ではなく、あくまでも「過不足の調整」です。
 

世の中の老後の保険に関する必要論・不要論にはどういうものがあるかと言うと。
 

老後の保険・不要論

・老後の保険料は高い
 

1.更新型の保険に加入していると、年々保険料は上がり、とても払いきれる金額では無くなってしまう事が多々あります。
 

我が家の場合は最初に見直したとき、そのまま加入していれば、60代で月額7万円台になるところでした!無理に決まってます。そんな金額を年金暮らしで払うには。
 

2.例えば60歳までと、満期があり、それまでに払いこめば一生保障してもらえるタイプの保険もありますが、その場合には、60歳までに支払う保険料がこれまたバカでかい。老後に備えて多額の保険料を毎月払わなければならないのです。
 

3.それに加えて、保険ってのは年々良い条件の物が出てきますが、いざ老後に保険の支払いをしたいと思った時には、そんな何十年も前の保険契約なんて、金額的にも補償としても、内容が古くなっていて、箸にも棒にもかからない保険になって居る可能性が。

↑これは私の両親も経験あります。
 

関連記事保険見直しのメリット・必要性【見直さず大損の悪夢】父母の実話
 

4.年を取ってから保険に加入しようと思っても、保険料は加入時の年齢で決められるので、結局また高い保険料に。

 

民間の保険は、例えば30歳ころから65歳まで、更新型保険料を月2万円を払って居たら・・最終的には、ウン千万円になることも→ 保険料の総額
 

その分を貯金しておいたら、充分に医療費が出せるのでは?という話になってきてしまうのです。
 

それに日本の医療制度はとても良く出来ているので、高額医療費制度というものがあり、実際には、どんなに高額な治療を受けても、意外とお金はかからないものなんです。
 

私の母は心臓の手術をしていますが、実際の入院費も、一般庶民家庭の我が家で、払える程度でした。また、今現在であれば(高齢化社会により、将来は分かりませんが)病気の後の保障制度も手厚いのが日本です。
 

がんになったら治療費は高い?

するとそんな時に言われるのが、がんになったら治療費は高いですよ・・という話です。
 

でも高額と言われるがんの先進医療は、例え保険でカバーできたとしても、実はそういう先進医療が受けられる施設は、日本で3施設程度しかないと、ファイナンシャルプランナーさんから聞きました。なので、まだまだ先進医療は受けられる状況ではないと。
 

言われてみれば、だからこそ、普通の医療保険についている先進医療特約が月額100円とか、そういうものすごく安い金額になっているんでしょうね。※とはいえ、下の方でも書いていますが、我が家は特約で付けています。
 

がんの一時金は不要

また、がんになると色々とお金がかかるから一時金として、何十万と言う大きな額が貰えると安心ですよ。という話も良く言われます。
 

ただ、私の父はがんも2回手術をしていますし、持病持ちの父母は良く入院をしますが、一時金、何にそんなに必要なのか?今だに分かりません。入院のための備品を買う位で、困る事は少ないのではないでしょうか。
 

がんの通院治療について

がんは、今は入院よりも通院治療が多いと聞きます。私の知り合いの方も1か月ちょっとだったと思いますが、毎日通院で放射線治療を受けていました。
 

がんは治る時代になり、通院治療が増えてきています。気を付けたいのが、がん保険は通院治療のついているものばかりではないということ。癌に関する保険であれば、通院が対象になって居いるものを、選ばないと保険料が降りない事が出てきます。
 

がん等、同じ病気で何回も入院するかも?

病気で何回も入院したら、貯蓄が無くなってしまうという心配もあるかもしれません。けれど、同じ病気での複数回の入院は、支払いの対象にならない事もあります。毎回入院するたびに必ず保険が降りるものばかりではないのです。その辺も保険加入する場合には、確認が必要です。
 

介護保険は不要

また介護になった時に、お金がかかるでしょ。ということも言われますが、介護が必要になったとしても、公的な介護保険制度があります。
 

・民間介護保険って必要なのか?
・介護費用が払えない?「介護保険制度」の仕組み 
 

なので、民間の介護保険も加入する必要が無いと良く聞きますが、私が相談したファイナンシャルプランナーさんも同じ考えでした。
 

通常だったら、国の介護保険で大丈夫な事が多いので、民間の介護保険はあまり利用されていないとのことでした。
 

老後の保険は必要論

保険は必要!という意見も勿論あります。必要論をまとめながら、その対策も一緒にまとめています。
 

1.例えば、病気になった時に必要なのは治療費だけではない。旦那さんが病気になれば収入が途絶えるし、奥さんが入院すれば、食事も外食が続いたりして、それはまたお金がかかるでしょ。という説。
 

対応策としては、それが心配なら所得保障保険・収入保障保険のようなものに加入しても良いかもしれません。貯蓄があるならば、その貯蓄で足りるかを考えてみれば良いかと思います。
 

保険料を払って保障を得るか?保険料を払う分、貯蓄として積み立てていくかは、今差し迫っている現在のご家庭の資産や状況によって選択が変わってきます。明日入院したら、困るような貯蓄状況であったなら、保険加入しながら貯蓄したほうが安心かもしれません。
 

2.なお、今は入院はそんなに長くさせて貰えません。母が心臓の手術をした20年近く前には3カ月入院していましたが、今、同じ病気で手術をされる方は1か月で退院です。
 

結果としてその後、在宅で医療行為をする事も増えてきていると言います。その場合、具合が悪くても、入院に関する保険料は出なくなります。
 

これに関しては今は 在宅医療に関しての保険が出ているようです。昔だったら考えられなかった在宅医療の為の保険、そういうものも現代では保険商品として出てきています。保険は、年々進化しています。

 

定年前後の保険見直しの検討の仕方・選び方

上記、不要論・必要論をまとめてきましたが、ここからは定年前後の保険の見直しを検討する際の、下記6つを再度確認してみます。
 

1.公的保険との兼ね合いについて
2.介護保険について
3.現在と今後の健康状態を考える。
4.がんについて
5.三大疾病について
6.貯蓄対策としての保険について
 

1.公的保険との兼ね合いについて

これは定年前後に関わったことでは無いですが、民間保険の加入に関しては、公的社会保険を基本に保険を見直します。
 

公的保険とは、誰もが受けられる日本の保険制度ですが、意外と健康に過ごしているときには、知らないものなんですよね。
 

関連記事公的保険についてはこちら
 

それなのに実は、今までの保険相談の経験では、保険相談の窓口の担当者さんも、この「公的保険」の知識の無い人も多いです。
 

若しくは、知っていても、保険が売れなくなってしまうような公的保険の情報は知らないフリをしているのかもしれませんが。
 

民間の保険会社や窓口で、そういう担当さんから保険加入した場合には、本来ならば公的保険で賄えそうな部分に関しても、余分な保障が付けられている事が多々あります。

↑見直しする前の我が家です。
 

この辺の保険の重複が無いか、再度見直してみる必要があります。もし加入している保険の内容が分からなかったら、とりあえず、近所の保険相談窓口などで相談してみると教えて貰えます。
 

近所の窓口は 保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」 で複数検索できます。
 

まずは重複などを確認していくと、定年後の生活に向けて、不要な保険料の支払いを無くすことが出来ます。私も不安だったので、主人の定年前にと、再度見直しました。
 

2.介護保険について

介護保険についても、やはり公的保険がありますので、加入するかどうかは、人に寄り意見が分かれる所です。
 

介護にかかる費用は、自分だけでなく、もしかしたら、子供たちに負担させてしまう可能性も出てきます。なので、一番悩む所ではありますよね。
 

私はファイナンシャルプランナーさんと相談して、とりあえず民間介護保険には加入していません。ただこの点は、ご家庭ごとに、状況ごとに考えは大きく変わるかと思います。
 

関連記事
民間介護保険って必要なのか?公的介護保険と民間介護保険との違い。
「介護保険制度のお金」&「家族が受けられる給付」の仕組み 
遠距離介護の交通費を安くする!航空券や新幹線のお金。割引まとめ

 

3.現在と今後の健康状態

また、自分の健康状態と合わせて、医療保障を再度見直すことも重要です。
 

公的医療保険では、大きな障害を持ったときには、その後の医療費の支払いは免除されます。よく医療費がかかって老後破産するなんて話を聞きますが、今の日本ではそれは無いのでは?という意見も良く聞きますが、
 

国民年金・厚生年金加入中に初診のある疾病かどうか?によっても、その後の医療費補助は変わってくる事を下記にまとめた通り、

関連記事
定年退職前に必ず することは? 見落としがち!これで将来の年金額が変わる可能性あり!
 

障害を持つ病気の初診日が年金に加入していた時期でない場合には、障害年金も貰えません。となると医療費は大きく生活を圧迫してくる可能性があります。
 

健康な人と持病を持っている人、その持病がどんな病気か、によっても医療保険に関する必要性や考え方は異なってくると思いますし、例え今健康であっても、もちろん明日何があるかは分かりません。
 

また、日本は今後、世界でも経験のない超高齢化社会となっていくために、その時々の法律改正もあるでしょう。今後の国に寄る保障がどうなっていくか、何とも分からぬ所ではあります。
 

なので、一概に万人に対して民間医療保険が必要か不要か?といえる結論はないと思います。シニア保険など、持病があっても入れる保険もありますが、シニア保険は一年ごとの更新なので、毎年どんどんと保険料が上がり、実際の保障はものすごく少ないと聞きます。
 

4.がんについて

年を取ると、誰もががんの心配もするものですが、がんは治る時代になりました。
 

小西博之さんの腎臓がんからの生還
 

俳優の小西博之さんは、「腎臓がん史上5本の指に入る大きさの腫瘍」から奇跡の生還をされたそうです。
 

余命0日。そんな中受けた手術が成功。お医者様や看護師さんの温かい施しの中、それから5年。その腎臓がんは完治となったそうです。
夢」を信じて完治にたどり着いた道のり
 

私の父親も、10年ほど前に腎臓がんを経験しています。今はやはり腎臓癌に関しては問題なく生活しています。

 

癌の保障については、記事の最初の「保険不要論」内でも触れていますが、ここでは「先進医療」「がんの通院費」「保険金が貰えるか貰えないか?」の3点について、下記からまとめています。
 

がんの先進医療について

癌に関しては、先進医療により、従来なら助からなかった命も助かるようになりました。
 

ですが、残念ながら先進医療を受けられる医療機関は、まだまだ少ない為に、実際にそういう先進医療を受けられるチャンスは、あまりないそうです。
 

その頻度が少ないからこそ、通常の医療保険に、特約で月額100円程度で何百万と言う治療費がでる破格の安さの保険がついています。
 

とはいえ、実際に先進医療を受けたことで救われた人も沢山います。ボクサーの竹原さんもその一人です。

膀胱癌の最先端医療による治療

竹原慎二さんは、最終的にたどり着いた病院で、最先端医療の治療を受けることになります。それは人の手では出来ない事も可能になる「ダヴィンチ」と呼ばれる遠隔操作による手術。
 

※ダビンチとは?
手術支援ロボットダヴィンチ 徹底解剖
東京医科大学病院のHPです↑

 

前立腺がんでは現在 「ダヴィンチ」は保険適用になっているそうですが、膀胱癌のダビンチ手術は、まだ保険適用になっていないそうです。

 

膀胱がんのダビンチ手術は、まだデータが揃っていない為だったんですが、竹原さんは挑戦します。臨床試験のようなものですね。
 

受けてみると、ダビンチは通常の手術よりも、痛みも1~2割。開腹も通常35センチ程度かかる物が10センチ程度で済んだそう。
 

余命5年と言われた竹原さんの癌も、今では完治したとの事です。
 

ボクサー竹原さんの膀胱がんとの闘い。がん保険 先進医療・最先端医療の治療費はいくら? より
 

先進医療で治る命が有ります。我が家も、主人と二人、特約で先進医療はつけています。
 

がんの通院治療費について

また、がんは、近年は通院治療が増えました。でも通院では保険金が出ない商品もあります。
 

保険金が出るか出ないか?がんの種類について

同じ病気で何回入院しても保険金が出るものと、同じ病気の場合には初回しか保険金が出ないもの等など。色々なタイプの保険があります。
 

年を取るとがんになる確率もあがります。
 

がん保険に加入を検討の際には、上記3点(先進医療・通院費・保険金の件)をしっかり確認し、検討しておきたい所です。
 

5.三大疾病について

三大疾病と言われる がん・心筋梗塞・脳卒中。がんは比較的入院期間も短く治療が終わるのも早いのですが、心筋梗塞と脳卒中は、入院期間も長く、その後の生活においても、不自由が残る事があります。
 

またそうなると、その後の保険料支払いも厳しくなるかもしれません。そこで、三大疾病に関しては
 


・三大疾病の保障が充分なのか?
・三大疾病や重い障害が残った時に その後の保険料支払いは免除になるかのか

 

そこも確認しておきたい点です。
 

6.定年退職後の貯蓄対策としての保険

定年後の貯蓄対策としては、我が家はファイナンシャルプランナーさんに保険相談をしました。そこで「低解約返戻金終身保険」を勧められました。
 

この保険は満期まで支払うと、その後は支払った額よりも、増えていくタイプの保険。なので老後の資金対策になるといいます。
 

以前に読んだ老後対策の本の中でも紹介されていて、とても興味があったのですが、残念ながら、そういうものは特に、自分の年齢が上がるとともに月額の保険料が上がるのは当然でした。
 

結果として、ちょっと我が家の家計状況と年齢では厳しい現実に。加入はしたかったですが諦めました。

↑これも今まで書いてきたように、勿論、人それぞれ考え方は異なると思います。
 

定年後の貯蓄対策に関しては、加入時の年齢やご家庭の状況などにより「低解約返戻金終身保険」も検討の対象としても良いかと思います。
 

定年退職後に必要な保障はそれぞれ皆 違う

最終的な決断としては、必要な保険は皆、人それぞれ生き方や考え方に寄って異なります。
 

お葬式代一つにしても「貯蓄から出す」も有りでしょうし、今現在、とても経済的に苦しければ「まずは保険に加入」にて、お葬式代を確保したいというのも有りでしょうし。
 

「葬式なんてしないよ!」と言う人もいれば、「何百人も呼んで人生の最後くらい華々しく!」と言う人もいると思います。
 

人生の全てにおいて、必要経費自体の考え方が、そもそも人それぞれ。
 

けれど、保険やさんや窓口の担当者さんに「保障はこの位付けておきますね♪」と何故か勝手に保障額を決められている事はありませんか?
 

定年退職前後における医療保険の見直し方

お葬式代のみならず、入院時の日額保障だって、がんの一時金だってなんだって、何故か、担当さんが勝手に決めている事が殆どと思います。
 

関連記事医療保険の「通院費・入院日額平均」はいくら?不要な保障を下げよう!
 

でも本当は、日額の保障額なども、自分で決めることが出来ます。
 

けれど、たいがい保険やさんは、「保険料の見積り、作っておきました♪」と既にパッケージのようにして、日額設定も、一時金の金額も決めてしまう。その後、最終的に出来上がった保険を「要るか?要らないか?」2択で迫ってきます。
 

そんな加入の仕方をしていませんでしたか?保障の額、自分で決めましたか?最終的な月額保険料だけ聞かされませんでしたか?もしそんな加入をしていたら、きっとそこには、下げられる保障があるかもしれません。
 

必要な保障は、人に寄り、人生設計に寄り選べるものです。
 

金融庁も保険の加入が、保険会社主体になって居ると警鐘を鳴らしています。NHKクローズアップ現代でも放送されていましたので、下記記事でもまとめています。
 

関連記事金融庁も警告!あなたの保険が危ない!
 

定年前後に保険見直し。保障の過不足を検討する

保険料の支払金額や自分の資産とも兼ね合わせながら、その人それぞれで、不要な部分を排除したり足りない保障部分は加入したりという保険の見直し。
 

自己資金ではどうにもならないことや、不意の事態の備えの為に、保険は加入するべきです。だからこそ、一旦、定年前後に、その後の老後の人生設計を考えながらの保険の見直しが必要です。
 

老後の生活不安解消の 保険の見直しまとめ

保険料は加入時の年齢が上がるにつれて上がってしまいます。定年前後には、今後の人生に備え、保険の見直しを早めに検討した方が良い時期です。
 

保険の見直しは面倒くさく腰が重くなりますが、恐らくこの時期を逃すと、その先何十年も、不要な保険料を支払いが続き、かさんでいきます。
 

見直しをしないでそのまま老後に突入すると、いざと言うときには古い条件の保険になって居て、保険金が降りなかったり、下りても時代に合わないような金額になっていたりすることがあります。それは、絶対避けたいです。
 

何年も払い続けた保険料が、ただ保険に加入しているという、本当に「安心料」だけになってしまうのは辛すぎます。
 

関連記事保険見直しのメリット・必要性【見直さず大損の悪夢】父母の実話
 

年々、条件の良い新しい保険が発売されています。でも、それについても私達消費者は、自分で情報を取りに行かないと知る由もありません。
 


保険屋さんが「新商品が出た!」と提案を持ってくるときには、悔しいですが保険屋のおばちゃんの利益があるときです。

 

それ以外は、特に消費者に取ってお得な保険など、わざわざ誰も情報をくれることなんてありません。だから私達は自分から動かないといけない。保険を自分選び、納得する人生を送らなければならない。
 

保険の見直し相談に出かけていく必要があります。
 

保険見直し提案の見積りを比較するために

定年前後の保険の見直す時には、一つの提案見積りだけでは不安です。できるだけ複数の提案見積りを取って、比較検討したいです。
 

どこの保険相談窓口でも同じですが、保険加入に関しては、相談に行った時に何も決めなくて大丈夫です。提案は持ち帰って検討します。また、提案や担当者さんが合わなければ、もちろん断ります。
 

今は、どこの保険相談窓口も、担当者が保険商品の押し売りをしないようなシステムを取って居ますので、気軽に相談できます。
 

ちなみに私が体験した「保険相談窓口の比較」のまとめから、お勧めの窓口をあげるとしたら、下記、LIFULL保険ショップ検索サービスと、保険見直しラボになります。
 

保険相談窓口検索サイト保険相談各社比較 満足度4

LIFULL保険ショップ検索サイト  

保険ショップ予約サイトのLIFULLでは全国1200の保険相談店舗が検索出来ます。住所を選択するだけで、近所の保険ショップ一覧が表示されます。有名どころのアフラックなど、8つの窓口から選べます。保険の見積りを見比べるために、複数窓口の相談申し込みをするのに便利な検索サイトです。
 
関連サイト保険のプロに無料で相談【LIFULL保険相談】
 

ファイナンシャルプランナーに保険相談保険相談各社比較 お勧め 満足度満点

保険見直しラボ  

保険見直しラボは、自宅・ファミレスやカフェなど、希望の場所で相談できる訪問サービスです。ファイイナンシャルプランナーの経験年数は、平均11.8年という実力者ばかり。他のFP紹介サービスの中では一番のベテラン揃いの窓口です。
 

関連サイト無料保険相談なら保険見直しラボ
 

また、他の訪問型サービスでは、地域に寄り対象エリア外という事が多々ありますが、保険見直しラボは全国約60拠点あり、訪問型保険代理店では最大級。対象範囲が広いのが特徴です。ファイナンシャルプランナーが全国各地の希望の場所へ訪問サービスしてくれます。
 

そして、1)強引な勧誘は一切しない。2)取扱保険会社数は約30社。他保険代理店と比べてもトップクラス。3)過度な営業行為等があった場合、イエローカード制あり。担当者さんを変更してもらえる。などなど安心のサービス内容です。
 

定年前後は一度保険を見直して、安心な老後を迎えたいですね。
 



チェック「老後準備」検討しておきたいこと まとめ

老後準備

老後資金を貯める為に。加入中の保険の実態、驚きでした

NHKクローズアップ現代で放送された保険加入の実態は驚愕です。老後資金対策にも重要と思いますので番組レビューをしています。我が家は何百万もこれで消えてしまった経験あり。

・保険加入の実態:金融庁も警告!騙されちゃダメ!保険料の支払い! 

・私の父母の実体験:【保険見直しの必要性とコツ】見直さなかった悪夢


1.老後準備や資金 検討 

老後の年金不安

1.保険料を減らす

保険相談を受けて保険料の無駄を省くと、月何万円も削減できました。必要は保障は人生の節目で変わりますので、定期的に保険を見直さないと損してしまいます。

保険相談7社 体験比較 口コミ



2.退職前の準備

年金額が大きく変わる可能性があります。確認しておきたい事項です。

定年退職前の準備。必ずやっておくこと


必要な保険も見直す必要があります。

老後 定年退職後の保険見直し。必須理由&保険商品の選び方



3.働き方を考える

貯金や年金受取額を増やす働き方があります。制度が変わりましたので、主婦でも社会保険に入れることがあります。

主婦パートの場合
自営の場合


2.老後の移住先を考える

老後の住まい 介護リフォーム

1.老後移住 国内

人気の老後移住先!住みやすいのは?田舎・都会・国内海外まとめ 成功失敗例


2.老後移住 人気のマレーシア

人気のマレーシア 海外老後移住の現実!年金では生活できない!?


3.老後移住 憧れのリゾート地

定年後、リゾート地に移住したい!軽井沢・ハウステンボス・安曇野!